日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

あなた買います
アナタカイマス

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1956年11月21日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
112分  

ストーブ・リーグと呼ばれる野球界の裏話--小野稔の原作を「忘れえぬ慕情 Printemps_a_Nagasaki」の松山善三が脚色、「壁あつき部屋」の小林正樹が監督する。撮影は「晴れた日に」の厚田雄春。主な出演者は「涙」の佐田啓二、「壁あつき部屋」の岸恵子、「ここは静かなり」の大木実、「壁あつき部屋」の伊藤雄之助、「午後8時13分」の水戸光子、他に三井弘次、東野英治郎、山茶花究、多々良純、須賀不二夫、十朱久雄、石黒達也、花澤徳衛、織本順吉のヴェテラン陣。

スタッフ

企画
小梶正治
原作
小野稔
脚色
松山善三
監督
小林正樹
撮影
厚田雄春
音楽
木下忠司
美術
平高主計
照明
須藤清治
録音
大村三郎

ストーリー

東洋フラワーズのスカウト岸本は、重役から、大学選手の強打者栗田五郎をスカウトしろと命じられていた。だが栗田には、彼を大学へあげ優秀な野球選手に迄育て上げた球気一平という得体の知れぬ男がついていた。球気は岡山に妻子がいるのに東京で旅館を経営する谷口涼子と関係し、貿易会社に勤めつつも、栗田で一儲けを狙っていた。栗田を引抜くには先ず球気を落すのが必要と知った岸本は、早速、工作を開始。無口な栗田は球気には従順だった。そして涼子の旅館に出入りする中彼女の妹笛子と愛し合うようになった。栗田を二重に縛ったとホクソ笑む球気に比べ、笛子は世間にチヤホヤされ栗田の性格が変って行くのを心配し、プロ入りには反対だった。岸本が動き出すと、他の球団も策動を開始。とくに大阪ソックスの古川や阪電リリーズの島が目立った。球気は各球団を操り、栗田の値と同時に自分の報酬も上げようとの魂胆で、契約を迫られると、いつも秋のリーグ戦までと逃げていた。リーグ戦は栗田の活躍裡に終了。かつて栗田を大学へあげ得ず、誓約書を入れて球気に一身を任した高知の実家も、欲につかれて球気に絶縁状を送って来た。栗田はリーグ戦終幕と共に帰郷し、球気は岸本の条件に大体の腹を決めていた。大金を持った岸本始め、スカウト達は争って高知へ。家族と各球団のかけ引の末には兄弟の間で刃傷沙汰まで起きた。栗田は、胆石で死の床にある球気を尻目に、笛子とも縁を切り大阪ソックスに入った。球気の亡骸を前に、岸本は「今度は栗田をデッド・ボールで殺すようなピッチャーを探し出す」と、決意をこめて誓うのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。