日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

いとしい恋人たち
イトシイコイビトタチ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1957年01月03日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
71分  

“週刊サンケイ”連載の佐多稲子原作“いとしい恋人たち”の映画化。脚色椎名利夫(ここは静かなり)、監督番匠義彰(三羽鳥再会す)、撮影生方敏夫(つゆのあとさき)のスタッフがものする愛情篇。主な出演者は「太陽とバラ」の石浜朗、「台風騒動記」の野添ひとみ、「つゆのあとさき」の杉田弘子、「踊る摩天楼」の中川弘子、朝丘夢路、「太陽とバラ」の清川新吾、加えて、沢村貞子、浦辺粂子など。

スタッフ

企画
小梶正治
原作
佐多稲子
脚色
椎名利夫
監督
番匠義彰
撮影
生方敏夫
音楽
木下忠司
美術
梅田千代夫
照明
豊島良三
録音
吉田庄太郎
特別出演
巖本真理

ストーリー

オリオン電機器具会社の設計技師勝田伸は、同じ会社の事務員矢沢次枝と恋仲である。次枝と母タカの家には、アルバイト学生の宮内咲子や中富夫人が下宿している。咲子は昼間、穂高書房でアルバイトしているが同級生加治千太と大の仲良し。安西みどりも同級生だが、この頃休みがちである。伸は母セキや放送局に勤める嫂の絹子、甥の賢一少年と一緒に住んでいる。だが次枝の母タカは偏った愛憎から一人娘の次枝を手離そうとせず、頭から伸の存在を無視し、伸の幸せを願う絹子の言葉も聞こうとしない。みどりは愛人浅沼鉄夫と同棲生活を始め、生活のためアルサロに勤めていたのだったが、咲子は彼女の願いで、失業中の鉄夫を穂高書房に世話してやる。咲子と机を並べた鉄夫は次第にみどりとの生活への熱意を失ってゆく。こうした折、タカの無理解に業を煮やした伸は、遂に次枝と二人きりで伊豆へ一泊旅行する非常手段に出る。家に帰った次枝は、タカと口論の末カッとして家を飛び出した際、車にはねられる。病院に駈けつけ徹夜で看病する伸。以来、タカの心も柔らぎ二人の結婚を認めるようになる。だが一方、みどりと鉄夫の生活は崩れ去り、鉄夫は郷里へ逃げ戻ってしまう。咲子は身の廻りのこうした事件で自分がいつか成長して来たのを感じ、千太に新しい感情を抱くようになる。絹子は伸と次枝の問題の好転で、関西転勤を希望するが、去りぎわに伸に対する仄かな好意を打明けていった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。