日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

旗本退屈男 謎の紅蓮塔
ハタモトタイクツオトコナゾノベニレントウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1957年01月15日 
製作会社
東映京都 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
79分  

「任侠清水港」の比左芳武(脚本)、松田定次(監督)、川崎新太郎(撮影)のトリオが贈る佐々木味津三原作の旗本退屈男。主な出演者は「任侠清水港」の市川右太衛門、「大江戸喧嘩纏」の美空ひばり、「新諸国物語 七つの誓い・三部作」の月形龍之介、丘さとみ、「大江戸喧嘩纒」の薄田研二、「神変美女桜」の喜多川千鶴、「拳銃を捨てろ」の田代百合子、「やくざ大名」の勝浦千浪、ほかにエンタツ、香島ラッキー、木戸新太郎、渡辺篤、山形勲、加賀邦男、原健策など。

スタッフ

企画
大森康正坂巻辰男
原作
佐々木味津三
脚色
比左芳武
監督
松田定次
撮影
川崎新太郎
音楽
深井史郎
美術
鈴木孝俊
照明
中山治雄
録音
佐々木稔郎

ストーリー

信州高遠藩では信州一の分限者手代木家から借りた三万両の返済に苦慮、遂に手代木の娘千代乃を側女として召し、借金を帳消しにしようと計る。だが登城の前日、千代乃は失踪、手代木家代々伝える財宝のありかも水の泡となり手代木五左衛門は困惑。揚句の果、江戸家老秋山主膳と相談し当時江戸に勢力を張る新興宗教の教組、神坂道節に内密で失せもの判断を頼む。道節の正体は由井正雪の遺児縫之助、織竜閣なる高塔を建立してその周囲に小谷大軒、福沢秀甫、平川鉄心斎など腹心の部下を集め、且つ将軍の生母桂昌院をも味方に引入れ、一大謀叛を企てているところ。道節は手代木家の財宝を軍資金にし、高遠藩を手玉にとろうと考え、一味の藤崎平九郎に命じ、お千賀という女を千代乃の身替りに仕立てようとした。そこへ乗出した旗本退屈男こと早乙女主水之介。琉球への旅から戻ったそこそこに、源八長屋の横這い円太、チビの弥八、吾妻家五楽らの聞込みから、道節の正体探りに全力をつくす。その頃、千代乃は浮浪児繁太郎と変装し主水之介の許へ難を避けて転り込む。退屈男の手が迫ると知った道節は桂昌院の権力を利用、彼に閉門を申しつける。だが源八長屋の買上げ強行で長屋の人気小僧三平を捕え、その母お栄を殺害するに至り退屈男の怒りは爆発。青竹で囲まれた門を破り、飛び出す。かくて火焔に包まれた緋竜閣上、正邪入り乱れての大乱闘。一味は主水之介の刃に伏し、塔に捕われていた千代乃も救われる。今は元の娘姿に戻った千代乃は、思慕の情も空しく主水之介の見送りを受け、街道筋を故郷へ向う。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。