日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

まだら頭巾剣を抜けば 乱れ白菊
マダラズキンケンヲヌケバミダレシラギク

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1957年01月22日 
製作会社
松竹・京都 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
64分  

“平凡”連載中の、柴田錬三郎原作による時代小説の映画化。脚色は「アチャコの子宝仁義」の森田竜男と、「父と子と母」の本山大生の共同執筆。監督は「文七元結より 泣き笑い五十両」の倉橋良介、撮影も同じく服部幹夫が担当。主な出演者は「りんどう鴉」の近衞十四郎、「家庭教師と女生徒」の山鳩くるみ、「太陽とバラ」の中村賀津雄、「旗本退屈男 謎の紅蓮塔」の月形龍之介、「のんき侍大暴れ」の水原真知子ほかに永田光男、香川良介、寺島貢、富本民平など。

スタッフ

製作
石田清一
原作
柴田錬三郎
脚色
森田竜男本山大生
監督
倉橋良介
撮影
服部幹夫
音楽
田中正史
美術
桑野春英
照明
蒲原正次郎
録音
川北武夫

ストーリー

天明年間、老中田沼意次全盛の頃。キリシタン大名の汚名を着せられ憤死した九州の藩主の娘菊姫は、由比正雪極祕の調書である“江戸城祕巻”を持ち、時の将軍家治の暗殺を計る。菊姫は飯庭藩城下で狩を催した家治を短銃で狙うが失敗、老家臣を伴い逃げる処を女道中師お白粉お綱と風来坊とんびの小太郎に目撃される。そこへ出現したのは白馬に跨り、白黒の着衣にまだら頭巾の怪剣士疾風竜之介。民衆からもてはやされる竜之介の念願は、君側の奸、田沼や大沢越中守らを除くことにあった。その夜、越中守は飯庭藩家老を呼付け、発砲事件やまだら頭巾出現を理由に取潰しを通告。数日後、飯庭城広場の火祭り能、ワキ役者に化けて将軍を狙う菊姫を同じく能役者に化けて押し止めたまだら頭巾は、君側の奸を除くことこそ必要と説き、姫を助けて城外へ逃れる。二人の前に立塞る剣鬼水切源信とまだら頭巾が死闘を続ける頃、菊姫はかねて恋慕する小太郎に言い寄られ、懐から落ちた祕巻はお綱から源信の手へと移った。まだら頭巾が将軍と双生児と知った越中守らは、雄呂血谷の狩で彼を抹殺しようと計る。とも知らぬ菊姫主従は雄呂血谷で罠に陥り苦戦。急を知ったまだら頭巾は、追いすがる源信を、いつか彼を慕うようになったお綱の救けで激流に斬り落し、雄呂血谷へ疾駆。越中守の罠をくぐり抜け菊姫を救う。小太郎、お綱の助太刀で越中守は刃に伏す。江戸城へ戻るようにとの、将軍家治のすすめを断ったまだら頭巾は、祕巻を将軍に返し、仲睦じい小太郎と菊姫、そしてお綱に見送られ何処ともなく去って行った。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。