日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

嵐の中の男
アラシノナカノオトコ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1957年02月05日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
The Man in the Storm  
上映時間
96分  

「大江戸喧嘩纏」の松浦健郎と谷口千吉が脚本執筆、「裸足の青春」に次いで谷口千吉が監督する柔道対空手の活劇篇。撮影は同じく山田一夫。主な出演者は「蜘蛛巣城」の三船敏郎、「新・平家物語 静と義経」の香川京子、「銀河の都」の小堀明男、「剣豪相馬武勇伝 桧山大騒動」の田崎潤、「裸足の青春」の根岸明美、ほかに磯村みどり、柳永二郎、上田吉二郎、平田昭彦など。

スタッフ

製作
田中友幸
脚本
松浦健郎谷口千吉
監督
谷口千吉
撮影
山田一夫
音楽
渡辺浦人
美術
河東安英
照明
西川鶴三
録音
小沼渡

ストーリー

明治三十八年、日露戦役終結の頃。小村寿太郎の軟弱外交を怒る血気の壮士らは群集を煽動し、いわゆる日比谷焼打事件が起る。この頃、老齢の下田警察署柔道師範清水悠山に代り赴任してきた柔道四段の渡三郎は途中の船中で警官の取調べを受けるが、これが縁で悠山の娘秋子と知り合う。下田に着くと、道場に水兵が暴れ込んだと門弟の知らせ。万一に備え師範代辻堂庫次を迎えに行く処という。渡はすぐさま道場に駈けつけ無言のまま水兵達を次々と投げ飛ばし悠山の危機を救うが、警察へ向う途中、道場に急ぐ辻堂とすれ違う。辻堂は腕は立つが性は驕慢、秋子に横恋慕しつつも後任は渡との決定に、琉球女お紺の飲み屋で連日酒びたり。波の腕前を聞き、いつか彼と雌雄を決すると決意を固める。渡は温厚な悠山と亙に好意を感じるが、無法な辻堂に怒った悠山は破門を宣告。水兵らと彼を襲った辻堂と乱闘の末、憲兵に逮捕された渡は責任を感じ後任に悠山を推して東京へ去る。入れ違いに来たお紺の兄屋嘉比運兵は空手の達人で暴れ者。辻堂の話に渡打倒を誓い合う。舞台は東京。小村を国賊と狙う挽洋社太刀岡玄将の許で渡を探し廻る辻堂と運平。渡は人力車夫となり苦学していたが乗客の講道館四天王段原八段に認められ、講道館で腕を磨く。ある夜、暴漢の手から小村の娘圭子を救った渡は負傷し小村邸に引取られたが、彼を追い上京した秋子が小間使をしているのにめぐり逢う。渡の男らしさに惹かれる圭子。政治家になれとの小村の好意を辞退した渡は柔道一筋に修に励む。彼の本心を知った秋子は父の許へ戻る。辻堂の決闘状で指定の場所へ赴いた渡は、拳銃の狙撃を危く脱れる。舞台は再び下田。悠山道場乗取りを計る辻堂と運平に、署長は渡を呼びに上京。秋子さんを倖せに、との圭子の涙に送られた渡は病床の悠山の娘を思うウワ言に暗然としつつお紺の店へ。決闘の際、渡を倒したと思い込んでいた辻堂と運平を死闘の末、遂に倒す。そこに駈けよる秋子。彼女に迫る辻堂に、妹を騙したと怒る運平は取組み合ったまま空濠へ消える。傷ついた渡も、今は晴れて秋子と抱擁を交す。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。