日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

踊子
オドリコ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1957年02月12日 
製作会社
大映東京 
配給会社
 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
96分  

情痴の世界を描いて比類なき永井荷風の原作から「流れる」の田中澄江が脚色、「霧の音」の清水宏(1)が監督、「第三非常線」の秋野友宏が撮影を担当する。主な出演者は「世にも面白い男の一生 桂春団治」の淡島千景、「いとはん物語」の京マチ子、「スタジオはてんやわんや」の船越英二、「鼠小僧忍び込み控 子の刻参上」の阿井美千子、ほかに藤田佳子、田中春男、穂高のり子など。

スタッフ

製作
永田雅一
企画
中代富士男久保寺生郎
原作
永井荷風
脚色
田中澄江
監督
清水宏
撮影
秋野友宏
音楽
斎藤一郎
美術
柴田篤二
照明
柴田恒吉
録音
須田武雄

ストーリー

浅草六区。シャンソン座楽士山野の妻花枝は同じ座で踊り子をしている。ある日、彼女を頼って金沢から、バスの車掌をしていた妹千代美が尋ねて来た。只さえ狭い六畳一間のアパート暮しに女二人、男一人の雑居。遂に蒸し暑い四月の晩、千代美と山野は関係を結んでしまう。千代美は振付師田村について踊子修業をやる中に田村とも関係をつけ、盗み癖を出して山野を心配させる。だが舞台に出だすや、体のよさで断然ピカ一の存在。その頃、千代美から妊娠を告げられ驚いた山野は、田村から赤ん坊の父親は自分と告白され、無軌道ぶりに暗然とする。千代美の相手が夫山野と知った花枝は嘆き悲しむが、結局はまた仲直り。その年の大晦日、千代美は女児を分娩、山野と花枝は子種のない折柄、自分達の子として育てる決心をする。楽屋に赤ん坊を連れ込み、すっかり母親らしく振舞う花枝をよそにし千代美は芸者になると出奔。忠告に赴いた山野も逆に誘惑されて同泊してしまう。千代美の子は雪子と名付けられ、すくすくと育つ。踊子と母親兼業の花枝はいたいたしい程やつれてきた。そんな時、芸者をやめ鋳物工場主矢木に囲われている、と千代美がやってくる。山野と花枝は話合いの上、住み馴れた浅草を出ようと決意。その年の秋に、山野の兄の実家であるお寺で保育園を経営する二人の許へ、矢木と別れた、と千代美が又、訪れて来る。唖然としつつも涙する花枝、雪子や山野にも会わず黙って帰るという千代美の頬にも大粒の涙。立ちつくす二人の女のことも知らず、山野は子供達に囲まれてオルガンを弾いていた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。