日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年4月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

暴れん坊街道
アバレンボウカイドウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1957年02月19日 
製作会社
東映京都 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
95分  

近松の名作浄瑠璃“丹波与作待夜小室節”いわゆる重の井子別れの映画化。「母白雪」の依田義賢が脚色し、「逆襲獄門砦」の内田吐夢が監督、「修羅時鳥」の吉田貞次が撮影を担当した。主な出演者は、「おしどりの間」の山田五十鈴、時代劇初出演の佐野周二(台風騒動記)「恋染め浪人」の薄田研二、「新諸国物語 七つの誓い・三部作」の千原しのぶ、名子役植木基晴、他に進藤英太郎、高堂国典、丘さとみなど。

スタッフ

企画
玉木潤一郎
原作
近松門左衛門
脚色
依田義賢
監督
内田吐夢
撮影
吉田貞次
音楽
深井史郎
美術
鈴木孝俊
照明
和多田弘
録音
中山茂二

ストーリー

丹波国由留木城下。奥小姓を勤める与作は、行儀見習のため御殿へ奉公中の家老稲葉幸太夫の娘重野と恋仲になり与之助という男の子まで儲けたが、不義を問われて城を追放された。愛しい重野や幼な子に会いたさに、稲葉邸を訪れても門前払いをされる有様。一方、城内では姫君御誕生で大騒ぎ。一番家老の計らいで乳人は重野と決り、感激した幸太夫は娘に向い、与之助と母子の縁を切るよう厳命した。それから十余年。与作は浪々の身で息子与之助の行方を求めて旅から旅。めぐりめぐった関の宿の近く、幼い馬方三吉の馬に乗った与作は、この少年こそ探しあぐねた与之助と知り、我こそ父と名乗りあえず三吉にひかれて宿場の宿へ。そこには三吉が姉と慕う小まんという娘がいた。真の父としての愛情を注ぐ与作と三人の幸せな生活が続く。だが自分で捨てた父母を許せないといいきる三吉。程なく、丹波由留木家の行列がこの宿場に通り掛る。駄々をコネる幼い姫を道中奴六で喜ばせた三吉は姫のお相手を仰せつかるが、彼の守袋から我が子と知った重の井こと重野は驚愕。が所詮は母と名乗れぬ今の身の上。奴が呼んだ言葉から重の井こそ真の母と知った三吉は怒り、そのまま立去る。小まんの父庄作は水呑百姓の身で年貢の金子五両に苦慮し、小まんに泣きついてくる。小まんと与作の苦悩を見兼ねた三吉は子供心の一途に重の井を尋ね、陣へ戻るが、何も知らぬ重の井に追い帰される。切羽詰った三吉はその夜、姫の寝室から錦袋の守り刀を取り五両に換えて小まんに手渡す。だが事情を知った与作は刀を戻そうと、刀を買取った者と話がつかず、遂に相手を斬ってしまう。盗難は三吉の仕業と判るが、訳を知った重の井は唯々涙にむせぶ。あわや三吉も幸太夫の刀に掛ろうとした時、本陣の玄関で与作が切腹したとの知らせ。今は悲憤を涙と共に狂気のごとくブチまける重の井。与作こそ実の父と知り呆然とする三吉。一夜明け、重の井は三吉の行末を小まんに託し由留木家の行列に加わって宿場を去る。新しい与作の土饅頭に花を手向ける三吉と小まん。どこからか三吉のに似た鳥追唄が流れていた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/04/26]

映画情報を18件更新しました。

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。