日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

大阪物語(1957)
オオサカモノガタリ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1957年03月06日 
製作会社
大映京都 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
96分  

井原西鶴の『日本永代蔵』『当世胸算用』『萬の文反古』などのエピソードから故溝口健二が原作を書き依田義賢が脚色、これを溝口監督が手がけるところ、同監督の急逝により「四十八歳の抵抗」の吉村公三郎が変って監督する。撮影担当は「月形半平太(1956)」の杉山公平。主な出演者は「編笠権八」の市川雷蔵、「信号は赤だ」の勝新太郎、林成年、「嵐の中の男」の香川京子、「鼠小僧忍び込み控 子の刻参上」の小野道子、「君を愛す」の三益愛子など。

スタッフ

製作
永田雅一
企画
辻久一
原作
溝口健二
脚色
依田義賢
監督
吉村公三郎
撮影
杉山公平
音楽
伊福部昭
美術
水谷浩
照明
岡本健一
録音
海原幸夫

ストーリー

元禄の頃。東近江の水呑百姓仁兵衛は、年貢米を納められぬままに代官所の催促に堪えかね地主にすがろうと、女房のお筆と二人の子供を連れ大阪へ夜逃げした。が地主の蔵元、花屋で玄関払いを喰って当てもなく去る。一度は一家心中を決意した仁兵衛だが船から米俵を荷揚げする土佐堀川の岸で、こぼれ米を拾って露命をつなぐことを覚えた。そして十年筒落米を拾った仁兵衛は、それが積り積って今は堺筋に近江屋を名のる茶屋を副業の両替屋に出世した。吉太郎、おなつの二人の子供も成人、何不足のない仁兵衛だが貧乏の味をいやという程なめた彼は徹底したケチンボ。花屋が取潰しになると早速後釜に入り鼻を明かすが、大店に移っても彼の守銭奴ぶりは変らない。正月の門松が大き過ぎると番頭の忠三郎を怒鳴り、年始めにお筆が髪結いを呼ぶと、それも追返す始末。その仁兵衛は、ある日、近くの普請場で会った油問屋、鐙屋の女主人お徳と意気投合、話の末に、お徳は伜市之助の嫁に、おなつをくれと縁談の申込み。仁兵衛は快諾するが、女房のお筆は大反対。夫婦喧嘩に激情したお筆は喀血して病の床に臥す。しかし仁兵衛の吝嗇は碌々薬もやらず妻を死なせてしまう。お通夜には鐙屋のお徳も市之助を連れてくる。放蕩息子の市之助は気晴しに女でも買いに行こうと吉太郎を扇屋へ誘う。その上、初めての経験に上機嫌の吉太郎につけこんだ市之助は、馴染みの滝野を身受けする金の工面まで頼む。一方、鐙屋との縁談を嫌うおなつは番頭の忠三郎にかねての思いを告げ駈落ちを迫る。そして吉太郎は蔵から市之助へ渡す銀を盗み出す。これを知った仁兵衛は怒りに燃えて吉太郎を勘当、忠三郎をも追出してしまう。おなつも後を慕って家出、独り残った仁兵衛は遂に金箱を抱えて発狂する。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。