日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

朱雀門
シュジャクモン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1957年03月20日 
製作会社
大映京都 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
Love of the Princess  
上映時間
100分  

川口松太郎の原作「皇女和の宮」(朝日新聞連載)より「新・平家物語 静と義経」の八尋不二が脚本執筆、「あばれ鳶」の森一生が監督した悲恋メロドラマ。撮影は「夜の河」の宮川一夫。主な出演者は「慕情の河」の若尾文子、「大阪物語」の市川雷蔵、「続・銀河の都」の山本富士子、「鼠小僧忍び込み控 子の刻参上」の夏目俊二、「一夜の百万長者」の舟木洋一、ほかに東野英治郎、小沢栄、柳永二郎、滝花久子、三宅邦子など。

スタッフ

製作
永田雅一
企画
辻久一
原作
川口松太郎
脚色
八尋不二
監督
森一生
撮影
宮川一夫
音楽
斎藤一郎
美術
西岡善信
照明
中岡源権
録音
大角正夫

ストーリー

頃は幕末、風雲急を告げる時。陰陽師・熊の倉友房の占いで皇女和の宮と侍女夕秀は十八の春まで起居を共にした。和の宮の婚約者有栖川宮は将来を嘱望される貴公子。夕秀も人知れず思いをよせる。その頃幕府は公武合体を策し、和の宮の将軍家茂への降嫁を企らむ。黒幕は怪物岩倉具視と所司代酒井忠義を仲介する夕秀の父友房。夕秀は事実を怪僧竜安に聞かされ驚く。一方、関東方の妨害を避けて和の宮と帥の宮は変らぬ愛を誓うが夕秀の心は淋しい。やがて幕府の請願をかわせず降嫁は勅許される。夕秀は二人を京へ逃がそうとするが友房に見抜かれ、和の宮と夕秀は所司代に押えられる。帥の宮は僧竜安に導かれて行く。「私は力が欲しい。無力だから妻を将軍に奪われるのだ」と。和の宮は御所に、夕秀は友房に引取られるがその途中、勤王浪士に襲われ、友房は重傷を負う。友房は「若宮に命を賭けて取れ」と娘の本心を見抜いた遺言を残して死ぬ。夕秀は数日後、現れた竜安に伴われ帥の宮の隠れ家へ。起居を共にする二人は互の気持を知るだけに苦しむが、或る夜、帥の宮は遂に夕秀の情熱と魅力のとりこになってしまう。和の宮はこの噂を聞き、又天皇の苦悩を察し降嫁を承諾。やがて和の宮宣下の儀が行われ、夕秀は帥の宮の想いこめた歌を預り降嫁の行列を追って漸く和の宮に手渡す。夕秀は帰途、危機を竜安に救われ、はじめて「お父様」と呼ぶ。竜安こそは夕秀の実父だった。それから六年後。幕府は衰退し東征軍は錦旗を擁して江戸へ。大総督こそは曽ての帥の宮その人。上野の戦いが官軍の勝利を以って終ろうとする頃、今は江戸郊外の仮寓で淋しい臨終の床にあった和の宮は、竜安の知らせで夕秀と共に駈けつけた帥の宮の勇姿に眼を輝かせ、今こそ誰憚らぬ二人だけの悦びに浸った。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。