日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

花は嘆かず(1957)
ハナハナゲカズ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1957年03月19日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
111分  

民間放送三局(ラジオ東京、新日本放送、山陽放送)より放送された北条誠原作“花は嘆かず”を「三羽烏再会す」の柳井隆雄が脚色。監督は「家庭教師と女生徒」の田畠恒男、撮影は同じく「家庭教師と女生徒」の布戸章。主な出演者は「家庭教師と女生徒」の菅佐原英一、「女だけの街」の小山明子、「炎の氷河」の川喜多雄二、杉田弘子、ほかに上原謙、沢村貞子、七浦弘子、永井達郎、小林トシ子など。

スタッフ

企画
小倉武志
原作
北条誠
脚色
柳井隆雄
監督
田畠恒男
撮影
布戸章
音楽
万城目正
美術
芳野尹孝
照明
加藤政雄
録音
熊谷宏
編集
浜村義康

ストーリー

扇流の名取り夏川忍は家元のお伴で京都へ行くが許婚者の津久井昌彦から能代杏子との婚約をきかされ、しかも家元の息子昇之助の嫉妬から忍は破門されてしまった。が、忍にも唯一つ生きる歓び、比叡山で忍が死を決意した時に優しく励ましてくれた青年の面影があった。伊東で佗しく暮す母の所へ行った帰り、忍は偶然にも楓奈緒子に逢った。彼女は女学校時代の先輩で、夫と別れて今は活花を教えていた。その夫、篠原の従弟が実は比叡山の青年、榊原清之だった。名前も告げずに別れた二人はそれを知る由もない。清之は出張から帰ると濡れ衣をきせられ辞職し、倉敷紡績の大阪工場に就職した。東京を離れる清之の心残りは、東京に住んでいるとだけ聞いた忍に会えなかったことだった。忍は面倒をみてくれる銀平の計いで大阪の師匠扇緑の家へ身を寄せた。そして踊りの会ではからずも二人はめぐり会えた。がその喜びも束の間、忍は家元の干渉で大阪にいられなくなり淋しく帰京する。その後、ふとしたことで篠原の世話で彼の会社で働くようになったが、篠原を奈緒子の別れた夫とは知らなかった。が篠原を愛する秘書の古城正子の告口で、忍は篠原との仲を奈緒子に誤解された許りでなく、丁度転勤になった倉敷から上京してきた清之までも絶望の淵へ落しこんだのである。忍は誤解をとくため清之を追って倉敷へ発ったが彼の心は固く閉されたまま。その上、彼が大阪へ就職する途中に知り合った能代杏子が今度は清之の愛を得ようと彼を訪ねていたし、アパートの娘三枝子も彼に清純な愛を抱いているのを知った。夢破れて傷心の忍は一人、暮れゆく倉敷を後にする。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。