日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

続御用聞き物語
ゾクゴヨウキキモノガタリ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1957年02月26日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
60分  

山下与志一原作による連続放送劇の映画化。前篇「御用聞き物語」に続く青春明朗篇。スタッフは前篇と同じく脚色を笠原良三と山下与志一、監督を丸林久信が担当し、撮影は鈴木斌。出演者も前篇同様、小林桂樹、中村メイ子、坂本武、沢村貞子、有島一郎、三木のり平、中田康子など。

スタッフ

製作
竹井諒金子正且
原作
山下与志一
脚色
笠原良三山下与志一
監督
丸林久信
撮影
鈴木斌
音楽
神津善行
美術
安倍輝明
照明
岸田九一郎
録音
渡会伸

ストーリー

クリーニング屋ホワイト軒の娘トシ子は、呑み助の父の広介に代って一人で店をきりまわしているしっかり者。仲好しの酒屋の平九郎はこのごろ何とか御用聞も板についてくる。或る日、平九郎が、以前叔父の常吉が熱をあげたバーの女春美のところへ配達に行った帰り、すさまじい夫婦喧嘩を見て結婚に幻滅を感じているトシ子に出会い大いに共鳴する。しかしある日、質屋のお婆さんから息子が死んで少しへンになっているお爺さんのためにと頼まれて、息子とその恋人の役をひきうけてやった二人は何となく甘い気持になる。そこへ御用聞仲間の鉄がお得意さんの女中だった浅子と結婚するというしらせを聞き、仲間で相談の結果安上りな常念寺で式をあげることになった。一方トシ子は親爺が働かないのはトシ子に甲斐性がありすぎるからだと云われ彼女は親不孝の孝行を実行することに決める。呆れる広介を尻目に客のドレスを着て平九郎を誘ってバーへ行くが隅で抱き合っている男女を見て、びっくりして逃げ帰る。式の当日二人が境内で待っていると仲間の六がとびこんできて浅子は嬉しさの余り卒倒し、鉄は床屋で眉をそり落されてしまったとのこと。そこへ和尚さんがきて「次の葬式がひかえとるんじゃ」と平九郎とトシ子は今度は夫婦の役を仰せつかる。式をあげる木魚がポクポク流れ始めたころ漸く花婿たちがかけつけてきた。さてその晩、今日こそは親不孝をと広介の行きつけのノミ屋で散々クダをまいている処へ広介が入ってき、娘の乱行にすっかりてこずってしまう。そして娘の不甲斐なさに広介は酒を断って仕事に精出すようになった。トシ子の作戦は見事成功、「あたしこれからもっと倖せになれるワ」微笑みかわすトシ子と平九郎は愉しそうに自転車を走らせてゆく。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。