日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

曙荘の殺人
アケボノソウノサツジン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1957年04月10日 
製作会社
大映京都 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
91分  

原作は中野実の『曙荘殺人事件』。人間の愛欲と肉親愛とが、現代の世相そのままの縮図の如くからみ合って事件は展開する。「雨情」の高岩肇が脚色し、「あこがれの練習船」の野村浩将が監督する異色スリラー。主な出演者は、「雨情」の木暮実千代、「暴れん坊街道」の佐野周二、「忘れじの午後8時13分」の川上康子、ほかに品川隆二、夏目俊二、北沢彪、若杉曜子、大美輝子など。

スタッフ

製作
武田一義
企画
浅井昭三郎原田光夫
原作
中野実
脚色
高岩肇
監督
野村浩将
撮影
武田千吉郎
音楽
鈴木静一
美術
内藤昭
照明
島崎一二
録音
奥村雅弘

ストーリー

大都会の深夜、高級アパート曙荘で美容師人見松江が毒殺死体となって発見された。彼女は商業美術家峰岸隆三と内縁関係にあった。加害者はまもなく自首して出たがそれは美貌の上流夫人栗林須磨子。がその言動は誰かを庇っている様子。少壮の主任弁護士丹沢英吉は秘められた謎を解くべく冷静に分析して行く。須磨子はなさぬ仲の娘文子を溺愛していたが、アプレの彼女はふと知り合った峰岸に松江のいることを承知で近づく。が偶然にも須磨子と峰岸は満州滞在当時の恋人だった。彼女は嫉妬の余り文子が松江を殺したと思って罪を被ったらしい。文子は母と峰岸の秘密を知って逆に二人を憎むようになる。文子が松江を殺すには些か動機が薄弱だ。昔のよりを戻すため峰岸が邪魔物の松江を殺したのか。が彼にはアリバイがあった。丹沢の推理と追求が続く。そして判決の下される日彼は意外な真犯人を挙げた。犯人はかつての満州吉林ダムの技師。金持の未亡人と結婚して遺産を横領するために殺人を犯し、その現場をその当時ダムの事務所に居た人見松江が目撃したのだ。それから十数年たった今、犯人の前に突然松江が現れた。犯人は現在の平穏な生活を守るためにも彼女を抹殺する必要があった。そしてこの度の兇行、犯人には意外にも先に殺された未亡人の妹、須磨子の夫栗林十四郎だったのだ。真相を知って愕然となる須磨子。十四郎は彼女を得たいばかりに二重の殺人を犯したのである。彼の真実の心にふれ、警官にひかれて行く十四郎と見交す須磨子の胸には思わず熱いものがこみあげるのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。