日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

大江戸人気男
オオエドニンキオトコ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1957年05月08日 
製作会社
大映京都 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
84分  

幡随院長兵衛一家の花川戸助六をめぐる時代喜劇。「朱雀門」の八尋不二のオリジナル・シナリオを「体当り殺人狂時代」の斎藤寅次郎が監督、「あばれ鳶」の本多省三が撮影した。主演は、「凸凹巌窟王」の花菱アチャコ、清川虹子、浦路洋子、勝新太郎。ほかに阿井美千子、小町瑠美子など。

スタッフ

製作
武田一義
企画
山崎昭郎
脚本
八尋不二
監督
斎藤寅次郎
撮影
本多省三
音楽
中林淳真
美術
神田孝一郎
照明
岡本健一
録音
林土太郎

ストーリー

江戸の村山座では、八百八町を我者顔に振舞う白束組を諷刺した狂言に、観衆は沸立っていたが、果して見物にきた白束組、水野十郎左衛門らが飛出し場内は大混乱。そこへ巨大な鼻をつん出した一人の男。町奴、幡随院長兵衛一家の助六だが、得意の啖呵で騒ぎを静める。と、彼は観客の中に大阪時代の恋人美雪を見出す。助六は昔、松江藩の大阪蔵屋敷に祐筆を勤めていたが、家老の娘美雪に恋したものの高嶺の花と諦め江戸へ来て町奴の群に投じたのである。助六は再会を喜ぶが、美雪は長兵衛一家の若手、白井権八に想いを寄せていて、助六にその橋渡しを頼む。助六はがっかりするが気のいい彼は承知、花川戸へ帰り早速、権八に話す。兄貴分の助六の肝いりに棒八は恐縮する。二人は景気づけに吉原へ繰込み、いま全盛の揚巻小紫を呼ぶ。そのころ白束組の坂部三十郎らは美雪の父、松江藩家老池田頼母の邸を訪れ、村山座で見染めた美雪を、十郎左衛門の妻にと強談判。頼母は相手が大身の旗本なので乗気になり、美雪に承諾を迫るが、美雪から恋人白井権八がいると聞いて愕然、親分の長兵衛に、町奴の分際でと監督不行届を叱る。長兵衛も花川戸へ帰り権八をどなる。権八は傷心の身を小紫の許でいやすがそこへ突然現れた美雪の誤解で二人の仲は破れる。美雪は水野の許へ嫁ごうと決心、権八はヤケになる。しかし助六の計いで婚礼の夜、美雪は池田の邸から逃出す。助六は権八と美雪を長兵衛の前に連れて行って一緒にさせてやってくれと頼む。長兵衛も一肌ぬぎ、このままでは白束組が納まるまいと、水野の邸へ単身、話をつけに乗込む。水野は町奴への日頃のうっ憤を晴らそうと長兵衛を邸内で闇討ちする。これを知った花川戸の町奴は白束組へ殴りこみ、大乱闘となる。それから三年、乱闘の責めを問われてお構いになった助六は江戸に戻り懐しい村山座へ行く。が坂部らに見つかり不意討ちで重傷を負う。ふらふらと香月院の境内へ来た助六は、そこで尼僧姿の美雪と思いがけず会う。助六の話に美雪は、自分を真に愛していたのは助六と知る。だが、助六は深傷にたまらず美雪の悲しみもよそに息を引取っていった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。