日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

へそくり親爺
ヘソクリオヤジ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1957年06月12日 
製作会社
宝塚映画 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
47分  

阿木翁助の原作を「チンドンやの娘」の館直志が劇化、松竹新喜劇で上演した「おじいちゃんの飛行機」を同じく「チンドンやの娘」の松浦健郎が脚色したホームドラマ。監督は「漫才長屋に春が来た」の山崎裕理(憲成改め)、撮影は「チンドンやの娘」の西前弘が担当した。主演は「チンドンやの娘」に引続き横山エンタツ、清川虹子、渡辺篤、「美貌の都」の汐風享子、「金語楼純情日記 珍遊侠伝」の小原新二など。

スタッフ

製作
倉谷勇
原作
阿木翁助
劇化
館直志
脚色
松浦健郎
監督
山崎裕理
撮影
西前弘
音楽
林二郎
美術
西七郎
照明
牧野秀雄
録音
中川浩一

ストーリー

滝山福太郎ことおじいちゃんは、苦労して大学を出してやった息子の福次郎が、今度医学博士になったのを機会に、持ち山を売った二百万円を持って大阪へ出て来た。息子の家に落ち着いたものの、タイル張りの風呂で浪花節をうなったり、孫の甫に竹トンボを作ってやったりしたので、息子の女房青子から山出しの無学、低級とすっかりにらまれてしまった。甫にとっては、おじいちゃんはよい遊び相手なのだが、医学博士の子供に竹トンボでは青子の虚栄心が許さない。その代りに立派な玩具の飛行機を彼女は買って与えるが、甫にとっては、いくら立派な玩具でも飛ばない飛行機ではつまらない。それで、また竹トンボを作ってくれとおじいちゃんにせがむのだった。おじいちゃんは困ってしまった。一方、青子はたまたま今夜開かれる祝賀会におじいちゃんを出席させないといって福次郎と云い争った。フォークの使い方も知らぬおじいちゃんに出て貰っては世間体が悪いというのである。おじいちゃんが祝賀会に出席しなかったことを知って憤慨したのは、矢張り大阪にいる娘お光であった。住んでいる長屋から立退きを迫られているお光は、かねがね出世した兄夫婦の見栄に反撥を感じていた。世話になった親をないがしろにして、とお光はおじいちゃんを家に連れて来た。そして、荷物を福次郎の家から持ち出しに行くと、恋人がありながら他のブルジョア息子と結婚させられそうになっている福次郎の長女杏子が家出の支度をしているところだったので一緒に連れ帰った。甫もおじいちゃんに会いたいと道に迷いながらもやって来た。福次郎と青子は自分たちの見栄を今さらながら反省した--いまは皆の心は打ちとけ、おじいちゃんの二百万円でお光の家も買取り、福次郎の病院建築の費用も出来た。青空には甫の竹トンボが飛んでいた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。