日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

体の中を風が吹く
カラダノナカヲカゼガフク

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1957年05月14日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
105分  

“朝日新間”に連載された佐多稲子の同名小説の映画化。「この二人に幸あれ」の松山善三が脚色、「涙」の川頭義郎が監督した。撮影は「お勝手の花嫁」の荒野諒一。主演は「女の肌」の淡島千景、「東京暮色」の有馬稲子、山本和子、「大江戸風雲絵巻 天の眼」の田村高廣「近くて遠きは」の野添ひとみ。ほかに片山明彦、中川姿子、山内明、日守新一、新人の里見孝二など。

スタッフ

企画
小松秀雄
原作
佐多稲子
脚色
松山善三
監督
川頭義郎
撮影
荒野諒一
音楽
木下忠司
美術
熊谷正雄
照明
須藤清治
録音
小尾幸魚
編集
杉原よし

ストーリー

村松章子は別れた夫立田との間に子供が二人あったが、彼女より年下の正木省吾と強く愛し合っていた。ところが、省吾に縁談が持上り、彼女は彼との関係をはっきりするよう、自らに迫られた。自分の過去を考えると、彼にいつまでもまつわりついていてはいけないと考えるものの、彼女は省吾を諦め切れなかった。彼の縁談は上役の吉田課長の紹介なので、彼も無下に断われず、彼は相手の岡本笹子と何度か会った。笹子の両親もこの縁談に乗気だった。ある日、雑誌社に勤めている章子が人形展へ取材に行くと、笹子と一緒の省吾に逢った。彼女の心は激しく動揺した。しかも、その頃、何度も立田が子供を引取りたいと言って来たが、彼女は厳しく申出を却けた。そんなある夜、独りで酒を飲み、酷く酔って帰った彼女は、寝ている子供たちの傍に突伏して切ない胸を涙で洗うのであった。暫くたった日もう会えないと思っていた彼女のところへ省吾が訪れた。彼女は笹子との話を打切ろうと決意したのだ。矢張り彼も章子への愛は断ち切れなかったのだ。彼は彼女のことを笹子に率直に打明け、話を打切った。快く二人を祝ったものの笹子の眼は何故か寂し気であった。そこへ、突然省吾は八戸へ転勤を命じられた。だが、このことも二人を裂くことは出来なかった。子供たちを同居している親戚のふみえに頼んだ彼女は、彼と一緒に八戸へ向った。彼の落着先を彼女も見とどけておきたかったのだ。車中、彼の肩に頬を寄せた彼女は、「あたし……もうしっかりあなたに掴まっているわ」とポツンと言った。その顔は幸福に甘く酔っていた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。