日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

母と子の窓
ハハトコノマド

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1957年05月28日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
109分  

読売新聞連載の竹田敏彦の同名小説の映画化。母子寮をテーマにした社会ドラマ。「近くて遠きは」のコンビ、猪俣勝人が脚色、番匠義彰が監督した。撮影は「炎の氷河」の西川亨。主演は、「暴力の波止場」の杉田弘子、水戸光子、「体の中を風が吹く」の田村高廣、「東京暮色」の高橋貞二、「情痴の中の処女 天使の時間」の渡辺文雄、「近くて遠きは」の中川弘子、小林トシ子、ほかに山形勲、沢村貞子、設楽幸嗣、新人の川口のぶなど。

スタッフ

企画
小倉武志
原作
竹田敏彦
脚色
猪俣勝人
監督
番匠義彰
撮影
西川亨
音楽
牧野由多可
美術
平高主計
照明
磯野春雄
録音
青田庄太郎
編集
大沢しづ

ストーリー

東京の片隅にある貧しい母子寮に勤務する保母の里村圭子と学童指導員井関壮吉は、ともに母一人子一人の生活。互いの寂しさから思いを寄せ合っていた。がある日、親孝行で評判の秀治少年がPTAの有力者前川夫人の子の紛失金を拾ったことから盗人扱いされ壮吉がその責任を問われた。そのとき女教師の宗方繁子は独り正論を吐き秀治を弁護した。壮吉は繁子の凛々しさに感激、これが動機で彼は母子寮を止め繁子と同じ学校に転校した。失意の圭子を福祉施設に関心を持つ富豪の息子真木陽一が現われ慰めるようになった。陽一には婚約者宮脇由利がいたが、有閑令嬢の由利とは対照的な圭子に、陽一は心を洗われるような気がした。彼は由利から離れ、両親を説得して正式に圭子の母に結婚を申込んだ。そのころ母子寮では、また一つの事件が起った。勤務先の課長塩沢との不倫の関係に悩んでいた未亡人瀬川夏江が服毒自殺をしたのである。沈痛な表情が居並ぶ母子寮のお通夜--夏江が遺した一人娘美知子の髪をなでながら、圭子は更めて母子寮の仕事の重大さを覚った。一方繁子の小学校に移った壮吉は、学芸会の演しもののことで余りに左翼的な繁子の言葉と衝突、貧しいながら汚れを知らぬ母子寮の子供たちの世界を懐しく考えていた。そして他方では、陽一の求婚に戸惑う圭子が、やはり心の隔りを感じ、貧しい母子寮の窓の灯となるのが自分の幸せと感じ、遂に結婚を断ってしまった。母子寮へ帰った圭子は無心の子どもたちに迎えられた。傍らの木蔭には複雑な表情の壮吉が圭子を見守っていた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。