日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

船頭姉妹
センドウシマイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1957年07月02日 
製作会社
東映東京 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
53分  

「日清戦争風雲秘話 霧の街」の森田新と矢田四郎の共同脚本を、「さよなら港」の伊賀山正光が監督し、「少年探偵団 鉄塔の怪人」の福島宏が撮影を担当した。主な出演者は、「少年探偵団 鉄塔の怪人」の中村雅子、「雨の花笠」の松島トモ子、「地獄岬の復讐」の江原真二郎、「日清戦争風雲秘話 霧の街」の加藤嘉。ほかに月丘千秋、山形勲、コロムビアレコードの新進歌手、君和田民枝など。

スタッフ

企画
原伸光
脚本
森田新矢田四郎
監督
伊賀山正光
撮影
福島宏
音楽
木下忠司
美術
中村修一郎
照明
元持秀雄
録音
広上庄三
編集
長沢嘉樹

ストーリー

娘船頭の姉妹、よし子とみつ子はこの潮来の名物で、とくにみつ子の歌はみんなに愛されていた。仲の良いこの姉妹にも、暗いかげがある。それは、父親の源次である。酒と賭博に身持ちをくずし、あげくの果ては人を殺して刑務所に入っているのだ。これを苦にして、母親の康子は身投げして死んでしまった。その源次が恩赦で刑務所から出てきた。人殺しの子と人にののしられて、日々を送って来たよし子にとって今更、源次を温く迎える気にはなれなかった。姉妹は、吉川老人の親身も及ばぬ世話を受けていたのだ。一方、帰って来た源次を迎えて、親分の金田は祝盃をあげたが、源次の心は何か満たされなかった。娘たちが、父である自分を避けているからだ。これも、吉川老人が裏でそそのかしているからだと誤解して、源次は老人を責めたが、かえってその口から、妻の康子の死因を聞き、はじめて自分の愚かな行為に目覚めるのだった。そして、前科者の自分がいるため、よし子が恋人の遊覧船の機関士洋一と結婚出来ないと知ると、悄然とタ闇の中へ消えて行った。妹娘のみつ子は、源次が自分の父親と知ると、父恋しさに小さな胸はふるえた。そんなある日、洋一の家に金田の子分たちが押しかけて、貸した金の返済を迫っていたが、そこへ源次が来合わせ、子分たちを追払った。逃げるように、そこを去ろうとする源次の前に、よし子とみつ子と洋一の母親の顔があった。--花嫁をのせた船がゆく。見違える程美しいよし子だ。その横に吉川老人とみつ子が、そして櫓を漕ぐのは羽織袴の源次である。対岸には洋一の喜びにあふれた顔が見えてきた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。