日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

赤城の血煙 国定忠治
アカギノチケムリクニサダチュウジ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1957年07月01日 
製作会社
松竹・京都 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
99分  

毎日新聞連載の子母沢寛原作の同名小説より、新人杉山義三と「勢揃い桃色御殿」の永江勇が脚色。監督は「折鶴さんど笠」の福田晴一。撮影は同じく片岡清。主な出演者は、「折鶴さんど笠」の高田浩吉、「黄色いからす」の伊藤雄之助、「伴淳・森繁の糞尿譚」の瑳峨三智子、「折鶴さんど笠」の北上弥太郎、「「朝雲暮雲」より 野武士と女」の島崎雪子、「母と子の窓」の光戸光子。ほかに、進藤英太郎、柳永二郎、中島淑恵、戸上城太郎、山路義人など。色彩は、イーストマン松竹カラー。

スタッフ

製作
杉山茂樹
原作
子母沢寛
脚色
杉山義三永江勇
撮影
片岡清
音楽
米山正夫
美術
川村鬼世志
照明
村田政雄一瀬与一郎
録音
高橋太朗

ストーリー

上州国定村の忠治は兄弟分の府中の万太郎から知らせを受けて、甲州路を急いでいたが、道中師定市に手紙も胴巻も盗まれてしまった。その彼に、通り合せた晃円と自称する生ぐさ坊主は意外にも、万太郎は殺された、と告げた。万太郎は親分藤吉が島送りになっている間、代貸として一家を守っていたのだが、戻ってきた藤吉は顔になった万太郎を恨んで兄弟分の田中屋と計って殺したのだった。藤吉はその上、女房のお次を囲い、妹のお光を定市に拐かさせていた。忠治は藤吉の家へ三ン下になって住み込み、藤吉の万太郎殺しを聞き出すと藤吉を討った。藤吉には柳橋で芸者になっている小花という養女がいたが、小花は父のなき後まで何かと面倒をみてくれる忠治を、唯の三ン下と思えず秘かに心を寄せていた。お光の行方を探っていた忠治は、定市が高崎で捕えられたと聞き高崎に飛んだ。晃円のとりなしでお光の行方を聞こうとしたが、定市は田中屋とぐるの八州取締り出役の関に刺され、お光は江戸と答えて息絶えた。忠治は江戸へ出た。一方田中屋と関は、柳橋に戻った小花に、忠治は藤吉と定市殺しの罪人だと語った。小花は忠治が藤吉を殺したと明言するのを聞いて斬りつけたが、父の正体を知らされては討つことはできなかった。そしてお光は貸元小長の許に閉じ込められ、米商人の相模屋の妾になれと強いられていることを教えた。忠治は、万太郎の手紙にあった大事とは、上州の凶作につけこんで米の買占めをやっている相模屋や藤吉などの悪企みのことだと知った。道中師定市は悪事を知って一味の関に殺されたのだった。捕手に囲まれた相模屋に乗り込むと、お光は関の手籠めに合おうとしている。彼女を助け出した忠治は関と相模屋、田中屋を叩斬って赤城の山に立てこもる決意をした。--赤城に向う忠治、お光、晃円、文字春の一行を小花は涙で送るのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。