日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

忘却の花びら(完結篇)
ボウキャクノハナビラカンケツヘン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1957年07月02日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
100分  

菊田一夫のラヂオドラマを、「雪国(1957)」の八往利雄が脚色、監督は「三十六人の乗客」の杉江敏男、撮影は「大番」の完倉泰一。主演は、「続サザエさん」の小泉博、「美貌の都」の司葉子、「雨情」の草笛光子。ほかに、池部良、安西郷子、久保明、淡路恵子、白川由美、中田康子、若原雅夫、志村喬などオールスターキャスト。色彩はイーストマンカラー。

スタッフ

製作
佐藤一郎
原作
菊田一夫
脚本
八住利雄
監督
杉江敏男
撮影
完倉泰一
音楽
古関祐而
美術
村木忍
照明
金子光男
録音
渡会伸

ストーリー

負傷した藤崎克巳は九州の日南海岸で静養していた。その頃、一宮鮎子は東京で庄田に結婚を強いられていたが、韮崎の息子大助に援けられて、九州に向った。九州に着いてみると、克巳は既に東京に発っていた。鮎子を探し出した庄田は克巳が死んだといつわって鮎子に結婚を承知させた。庄田と新婚旅行に旅立った鮎子は克巳が死んだというのが嘘であることを知った。彼女は、四国室戸岬にいる姉の葵のもとにかけつけた。強く愛し合う克巳と鮎子を見て、葵は自分の恋を忘却の彼方に捨て去るのだった……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。