日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ふり袖太鼓
フリソデダイコ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1957年09月01日 
製作会社
東映京都 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
The Thief Prince  
上映時間
82分  

平凡所載の瀬戸口寅雄の小説を「くちづけ(1957)」の舟橋和郎が脚色、「緋ぼたん肌」のコンビ萩原遼が監督、藤井春美が撮影した。主演は「水戸黄門(1957)」の大川橋蔵、「青い海原」の美空ひばり。ほかに薄田研二、堺駿二、月形哲之介、有馬宏治、月丘千秋など。

スタッフ

企画
福島通人
原作
瀬戸口寅雄
脚色
舟橋和郎
監督
萩原遼
撮影
藤井春美
音楽
万城目正
美術
角井博
照明
田辺謙一
録音
墨関治
編集
宮本信太郎

ストーリー

頃は戦国時代。野武士の仲間に身を投じ、一門再興の機会を狙う九州菊池家の遺児畷之助はある日、男装の美少女--実は戸隠城主金森左衛門尉輝政の愛娘百合姫と出会った。百合姫は人質として明智光秀の館にあったが、木曽山中に住む忍者の頭目自然斎に助けられ、その庵にかくまわれているのだった。折しも、戸隠城では輝政の異母弟丹波守勝久が家老四方由玄蕃らと肚を合わせて謀叛をおこし、輝政を土牢に閉じ込めてしまった。それを知って腹心の巨介と戸隠城へ急ぐ百合姫が、玄蕃の手先夜叉丸一味に囲まれたとき、畷之助の率いる野武士の一団が駈けつけて急を救ったが、巨介は深傷を負って絶命した。--勝久は百合姫が一子勝政と縁組みすれば、輝政の一命を助けてやると自然斎に申し入れ、百合姫は「万一の際は自然流の打法で天守閣の太鼓を鳴らすように」という自然斎の教えを胸に、戸隠城へ出向いた。畷之助は約束の山頂で輝政の到着を待っていたが、駕篭の中の輝政が冷たい骸になっているので庵に引返すと、すでに勝久の手勢が自然斎を拉し去ったあとであった。一方、百合姫に迫った勝久は畷之助の家臣佗助の変装と知るや、自然斎をはりつけにして百合姫や自然斎配下の忍者をおびき寄せ、一網打尽にしようとたくらんだ。やがて、自然斎の処刑が行われようとした刹那、番卒に化けた畷之助が躍り出た。天守閣へ駈け登った百合姫は自然流の急太鼓を打ち鳴らした。たちまち、野武士や忍者たちが刑場へなだれ込んだ。勝久の前に百合姫が立ちはだかり、激闘の末父の仇を斬り捨てた。玄蕃、夜叉麿らも畷之助に討たれた。数日後、戸隠城の天守閣に、楽しく唄う百合姫と畷之助の姿が見られた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。