日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

伝七捕物帖 銀蛇呪文
デンシチトリモノチョウギンジャジュモン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1957年09月22日 
製作会社
松竹・京都 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
Curse of the Silver Snake  
上映時間
97分  

伝七捕物帖シリーズ初のワイド、色彩で描く活劇篇。捕物作家クラブの原作を元持栄と「続二等兵物語 五里霧中の巻」の安田重夫が共同脚色し、「伴淳・アチャコ・夢声の活弁物語」の福田晴一が監督、同じく片岡清が撮影した。主演は「大忠臣蔵」の高田浩吉、「淑女夜河を渡る」の福田公子、「伴淳・アチャコ・夢声の活弁物語」の伴淳三郎、瑳峨三智子。ほかに山田周平、石黒達也、大邦一公、山路義人、桂小金治、水原真知子など。

スタッフ

製作
杉山茂樹
原作
野村胡堂陣出達朗土師清二城昌幸
脚色
安田重夫元持栄
監督
福田晴一
撮影
片岡清
音楽
万城目正
美術
川村鬼世志
照明
村田政雄
録音
高橋太朗
編集
野村政七

ストーリー

甲府勤番山内日向守は、禁制の麻薬を栽培して、江戸室町の薬種問屋の近江屋を通じて売らせていた。ある日近江屋に奇怪な呪文が舞込み、妻のお勢津が殺され、ついで次女のお京も何者かの手にかかって殺された。その後江戸の町に横笛を吹く幽霊が出るという噂がたった。北町奉行同心の橘三四郎は伝七に、この事件の協力を頼んだ。早縄の五兵衛に追われている近江屋の手代伊乃吉が、女房お俊の幼馴染みの花魁小袖太夫のところに隠れているのを助けての帰り、怪しげな猩々を目撃し、覆面の武士に襲われた。お勢津の死を疑った伝七は、墓をあばいて別人であることを発見し、両国の川開きで日向守と同じ船に乗っているお勢津をみつけた。そして近江屋がかつてお勢津に盲目で聾唖者の三女千沙を生ました日向守に彼女を献じたことをしった。一方、小袖は父が麻薬で廃人になり苦界に身を沈め、同心橘はかつては旗本だったが日向守の奸策で、お家断絶になったことも判った。川開きの翌日、日向守は何者かに殺され、噂の幽霊が銀蛇を操って、千沙の目前で近江屋を殺害した。伝七は一計を案じ、吉原の大口屋に事件の関係者を全部あつめて、千沙の身代りをつかって幽霊をおびき寄せた。そこに現れたのはなんと小袖太夫だ。麻薬のために死んだ父の恨みを晴すためで橘とは深い仲--二人で共通の仇を討つための犯行であり、猩々は橘の手先の弥吉の化けたものだった。捕手にかこまれた二人は、自からの手で命を絶った。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。