日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

夕凪(1957)
ユウナギ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1957年09月15日 
製作会社
宝塚映画 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
The Veil of Skin  
上映時間
114分  

「最後の脱走」の八住利雄久々のオリジナル・シナリオを豊田四郎が「雪国(1957)」に次いで監督した社会ドラマ。撮影は「雪国(1957)」の安本淳。色彩はイーストマンカラー。主演は「続大番 (風雲篇)」の淡島千景、「裸の町」の池部良、「妻こそわが命」の若尾文子の異色トリオ。ほかに志村喬、河津清三郎、小沢栄太郎、浪花千栄子、中田康子、多々良純など。

スタッフ

製作
佐藤一郎垣内田鶴
脚本
八住利雄
監督
豊田四郎
撮影
安本淳
音楽
芥川也寸志
美術
伊藤熹朔
照明
高島利雄
録音
山之内樹一

ストーリー

凉子は四年間のアメリカ留学から帰ってきた。父親はなく母の則江は多忙な実業家だ。凉子が羽田に着いた日も、不在だった。「観光事業」を手広くしているということだ。凉子は鎌倉の大仏で幼稚園児の写生指導をしていた康介と知り合った。彼は美学をやり昔、本を著したこともある。父の康順は住職で、冷酷な金儲け一点ばりの男だ。同じ日、凉子が昔の学校友達はまを横浜に訪ねると、はまは外国人専門のコールガールになっていた。凉子の留守中、康介は約束の自分の著書をとどけた。帰京した則江は、その本から昔別れた康順が康介の父であることを知る。母娘の四年振りの再会の感激も薄れかけたある日、凉子は母と激しく衝突した。康介と親しくすることを母が禁じたからだ。「わたしだって自由が欲しいわ。ママわたしのパパは一体誰なの」実際則江のまわりには男が多過ぎた--凉子が例のはまを訪れた時、そこで意外にも母の姿を見かけた。母は女を売る憎むべき組織のマダムだったのだ……。その金で自分はアメリカへ行き、家も店も買ったのだ!夕凪の海岸で凉子は商売をやめるよう母に頼んだ--。康介は父に凉子との結婚を願い出た。康順は冷やかに言った。「何という汚らわしい」--康介は彼女と異母兄弟であることを知らされた。その夜、彼は凉子の見ている前で保母の光子といつわりの接吻をした。その訳を母のパトロンの玄三郎が凉子に意地悪く知らせた。母の秘密のすべてが明らかになった。憎しみに燃えた凉子は冷やかに母へ訣別を宣した。彼女には、寺の秘宝を盗み出して父に復讐した康介、いや兄との新しい生活が待っていた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。