日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

続 青い山脈(1957)
ゾクアオイサンミャク

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1957年11月19日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
The Blue Mountains Part 2  
上映時間
83分  

「青い山脈(1957)」の後篇で、スタッフ、キャストとも草笛光子を除き前作に同じ。色彩はアグファカラー。

スタッフ

製作
藤本真澄金子正且
原作
石坂洋次郎
脚色
井手俊郎
監督
松林宗恵
撮影
小原譲治
音楽
服部良一
美術
村木忍
照明
西川鶴三
録音
保坂有明

ストーリー

沼田先生の負傷がなおりかけた頃。偽のラブレター事件をめぐって、島崎先生が正しいか、生徒側が正しいかを決める海光女学校のPTA役員会が開かれた。学校の会議室には、校長をはじめPTA会長井口甚蔵、職員役員が集った。その中には梅太郎や、保護者代理になって入りこんだガンチャンの顔もみえた。国漢の岡本先生が問題のラブレターを読みあげた後、両者烈しい論議が展開された。井口の提案で役員による投票により、どちらが正しいかを決めることになった。結果は島崎先生側が八票、生徒側が六票で意外の結果に井口は狼狽した。ところがその時、ガンチャンの資格が問題になって、雪子は窮地に追いこまれた。しかし井口の弱味を握っている梅太郎の逆襲で、島崎先生の勝利は決定的になった。沼田と雪子は喜びに感激的な視線をかわすのだった。その頃、六助と新子は湖でボートに乗っていた。そこへ井口の子分たちがいたずらをしかけて来た。水泳のうまい新子は、六助を助けて相手を負かした。興奮した新子はおもわず「私は六助さんが好きだわッ」といった。岡本先生が宿直の晩、校長室に泥棒が入った。捕えてみると松山浅子だった。浅子は偽のラブレターの生んだ事件を苦にして、焼いてしまおうと思ったのだった。その翌日浅子は新子にすべてを詫びた。新子も雪子も優しく浅子を許してやった。カラリと晴れた日曜日、雪子と沼田、新子と六助、和子やガンチャンたちの一行は、自転車でハイキングに出かけた。丘の上で沼田は雪子に結婚を申込み、彼女も喜んで承諾した。六助は見晴台にかけのぼり、「新子が好きだ」と大声をはりあげた。白い雲、そして山々は青くかすんでいた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。