日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

佐々木小次郎 后篇(1957)
ササキコジロウコウヘン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1957年11月05日 
製作会社
東映京都 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
Sasaki Kojiro Part 2  
上映時間
93分  

村上元三の同名小説を原作にした一八八号所載の『佐々木小次郎』(前篇)につづく後篇。製作スタッフ、キャストとも前作に脇役を除いて同じ。

スタッフ

企画
田口直也杉村章栄
原作
村上元三
脚色
結束信二
監督
佐伯清
撮影
吉田貞次
音楽
飯田景応
美術
桂長四郎
照明
田辺憲一
録音
墨関治
編集
宮本信太郎

ストーリー

小次郎とまんは逃げのびた。が、小次郎は負傷し、海賊那智丸に救われた。彼の世話で湯治場へ行き、傷を癒した。そこで彼はまんの踊りから燕返しを会得した。まんと結ばれたのも束の間、武蔵が修験者の金剛道場へ現れたことが伝わり、小次郎は出立しようとした。まんは捨てられたと思いつめて自殺する。那智丸から備前の大太刀を貰いうけ、小次郎は堺に着いた。一方とねと東馬は彼を求めて旅を続けていたが、いつも一足違いだった。小次郎は十兵衛の邸に泊り、奈美にも会った。奈美は琉球の防衛のため十兵衛に銃を買い集めさせていた。それを徳川方の仕業と誤解した曽呂利伴内は、十兵衛を千利休法要の席で那智丸らに殺させようとする。小里にそのことをきいた島兵衛は小次郎に知らせ、小次郎は茶会に駈けつけた。危い十兵衛ら十人余りの商人を救った。那智丸は役人の銃に撃たれて死んだ。伴内も病死した。小次郎はその働きで広島へ呼ばれ仕官をすすめられた。野遊の折、小次郎は甚内らに襲われたが、彼を倒した。そのまま島兵衛を連れ、小倉へ向った。そこで岸柳道場を開いた。小里がとねを連れてきた。夢のような再会。二人の結婚を控えたある日、武蔵が小倉にやってきた。試合当日、訪ねてきた東馬に介添を頼み、小次郎は必ず勝つととねに言い残すと、船島へ出向いた。東馬は切支丹で、その再興のため日本を離れるという。武蔵を待つ小次郎は、昔を回想していた。武蔵の舟がやっと近づいた。彼の遅参に小次郎は焦立っだ。二人は向き合ったまま動かなかった。二度目に打ち合った時、武蔵の鉢巻がきれた。同時に小次郎の体はゆらりとゆらぎ、浜ぐるまの花の中に倒れた。彼は死んだが、その愛はとねの胸の中に一生消えることなく生きた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。