日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

恋して愛して喧嘩して
コイシテアイシテケンカシテ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1957年11月03日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
Lover's Quarrels  
上映時間
98分  

「体の中を風が吹く」の川頭義郎と「黒い河」の松山善三の共同シナリオを川頭義郎が監督した諷刺コメディ。撮影は「体の中を風が吹く」の荒野諒一。主演は、「森繁の僕は美容師」の中村メイコ、「異母兄弟」の南原伸二、「逃げだした縁談」の田浦正巳、沢村貞子、川口のぶ。ほかに朝丘雪路、多々良純、片山明彦など。

スタッフ

企画
小梶昭治
脚本
川頭義郎松山善三
監督
川頭義郎
撮影
荒野諒一
音楽
木下忠司
美術
梅田千代夫
照明
豊島良三
録音
大野久男
編集
杉原よし

ストーリー

世はまさに自動車時代?産婦人科医たけ子の一人娘広子は友人の和子らとドライブし、R大生木々次郎らと知りあった。次郎の家は玩具問屋だが、貸金のカタにシボレーをあずかった。父の木々は運転を習おうと教習所に通いはじめた。たけ子も友人片桐のすすめで、車を買う気になり教習所へ入った。そこで二人は喧嘩相手みたいになった。たけ子は試験に及第したが、木々は落第した。そんなときに、広子に外科医時枝との縁談が持ち上った。その見合をスッポかした広子は、親友三村とアルバイトで楽団に出ている次郎に会った。二度目にもスッポカして次郎に会っていると、当の相手時枝に出あい、交際を求められた。が、広子はだんだん次郎が好きになった。次郎も……。木々の家は黒字倒産し、シボレーはブローカーの手で廻り廻ってたけ子の手に入った。問題の時枝から求婚された広子は次郎に相談したが、無駄だった。家の倒産を三村からきき、広子は玩具のタタキ売りをしている次郎のところへ駈けつけた。二人は和解し、恋を打明け合う。たけ子の車は木々の差し押え物件だったため、問題が起り、怒ったたけ子が木々らを乗せ警察へ行く途中、電柱にぶつけ、車は大破した。病院で二人はますますいがみ合う。見舞いにきた広子と次郎はお互いの親を始めて知ったが、時枝が見舞いにきたので、彼らも喧嘩してしまった。その夜、木々とにらみあいながら退院したたけ子に、家で広子は時枝との結婚を承諾した。広子は次郎とのことを半ばあきらめていたのだ。木々一家は家を売り、一時田舎へ引っこむことになった。次郎は父からシボレーの代金を借り、たけ子の家にとどけ、広子のことをあきらめようと田舎へ発った。それを三村から聞いた広子は時枝との婚約を解消し、母に木々へ金を返させ、次郎のあとを追って行った。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。