日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

遙かなる男
ハルカナルオトコ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1957年11月29日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
97分  

池田一朗の原案により、「最後の脱走」の谷口千吉と木村武(1)が脚本を書き、同じく谷口千吉が監督したアクション・ドラマ。撮影も同じく「最後の脱走」の山田一夫。主演は「脱獄囚」の池部良、家田佳子、佐藤允、「初恋物語(1957)」の新珠三千代。

スタッフ

製作
田中友幸
原案
池田一朗
脚色
谷口千吉木村武
監督
谷口千吉
撮影
山田一夫
音楽
別宮貞雄
美術
阿久根巌
照明
横井総一
録音
藤縄正一

ストーリー

蜂屋の大作と萠子父娘は今年もたくさんの巣箱をトラックに乗せて、甚六の牧場にやって来た。そのトラックに忍びこんでいた八郎という首にネッカチーフをまいた若い男から働き口を頼まれて、大作はしぶしぶ承知した。八郎は「仲間のヤクザに追われて……」と語るだけで、よく働いた。甚六の娘弘子は気の強い女で、八郎と接する機会が多くなるのを、牧童頭の野島は嫉妬した。ある日ピストルを持った二人の男が現れたが、甚作の助けで八郎は難を逃れた。八郎は甚作父娘に迷惑がかかるのを恐れて、牧場を去る決心をしたが、甚作は引きとめた。八郎の残るのを知ってホッとしている弘子に、八郎は首のネッカチーフをとって傷痕をみせた。それは親分の女と心中して生き残った時のもので、今はその乾分たちに狙れているのだった。牧場の名馬イサハヤが失踪する事件が起った。野島はイサハヤに乗れるのは、自分の他に八郎しかいないのを知って、犯人は八郎だと、きめつけた。怒った大作は牧場を去ろうとしたが、八郎には我慢出来なかった。山を越え谷を渡ってイサハヤを探す八郎は、とうとう野島の情婦キヨが洞穴内に隠しているのを発見した。八郎がイサハヤを連れて牧場にもどって来ると、甚六の息子陽一が破傷風にかかり大騒ぎしていた。折からの台風に町からワクチンを取寄せることも出来ず困っていた。八郎は牧場に隠れていた安西やケンとの格闘から逃がれて、イサハヤに飛び乗り町へ走った。岩陰にひそんで牧場にもどる八郎を待伏せる安西たちはピストルで狙い撃った。傷ついた八郎はネッカチーフで薬を馬の首にしばりつけて牧場に走らせた。八郎の身をきづかう弘子の声が近づくのを聞きながら、八郎は気を失っていった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。