日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

伝七捕物帖 髑髏狂女
デンシチトリモノチョウドクロキョウジョ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1958年01月09日 
製作会社
松竹・京都 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
Mystery of the Missing Princess  
上映時間
93分  

『平凡』別冊その他所載の、捕物作家クラブ、野村胡堂、陣出達朗、土師清二、城昌幸の共作小説を「勢揃い桃色御殿」の共同脚色者の一人、永江勇が脚本化し、「伝七捕物帖 銀蛇呪文」の福田晴一が監督したアクション探偵劇、伝七捕物帖の九番手柄である。主演は「お富と切られ与三郎」のコンビ高田浩吉と、瑳峨三智子に、「伴淳・アチャコ・夢声の活弁物語」の伴淳三郎、「挽歌(1957)」の高峰三枝子など。ほかに北上弥太朗、石黒達也、竜崎一郎などが助演する。色彩はイーストマン松竹カラー。

スタッフ

製作
杉山茂樹
原作
野村胡堂陣出達朗土師清二城昌幸
脚色
永江勇
監督
福田晴一
撮影
片岡清
音楽
万城目正
美術
川村鬼世志
照明
村田政雄一瀬与一郎
録音
高橋太朗

ストーリー

髑髏印を刻んだ火矢を射る狂女と髑髏頭巾の一隊が石川島の牢を破り、さらに紀州大納言の行列を襲った。狂女は将軍家廟主雲海の五重塔近くで消えた。伝七と竹は箱根の湯治から北町奉行遠山金四郎に呼びかえされ、紀州家の息女照姫の謎の失踪と髑髏隊の行動を探るよう頼まれた。照姫は将軍家若君と縁組対面することになっていたのを拐わされたのだ。その侍女菊江の跡をつけた竹は、仏像師重兵衛の家の近くで見失った。その時、見かけた若衆姿の曲馬団長彦四郎、混血娘なみ、お高祖頭巾の女お真知を追って、浅草の曲馬団へ出かけた伝七は、楽屋で紀州家の家臣浜田鉄之丞が虚無僧姿で、お真知と密談しているのを見た。その夜、菊江は自殺し、姫は塔にいると遺言した。塔上から無気味な狂笑が聞こえたが、伝七は雲海に追い返された。数日後、遠山は奉行の職を退き、伝七には十手取上げの沙汰があった。雲海が老中に進言したのだ。伝七は無宿者に身をやつし、曲馬団に入りこみ、彦四郎となみが恋仲であることを知った。なみは、浜田にいい寄られたお真知を助けた伝七を救い出し、浜田殺しの疑いで彦四郎が引っ立てられると、伝七にすべてを話した。紀州家のザン言で取潰しになった松浦藩の残党が復讐しようとしている。伝七と金四郎は、彦四郎奪回に番所へ押し寄せた髑髏隊と闘った。その火矢に倒れたお真知は照姫が塔にいると告げて死んだ。照姫は雲海の幻術で狂ったのだ。雲海とは実は松浦藩主の弟であり、真の雲海は彼らに安南で殺されていた。偽雲海は鷹狩での見合に、狂った照姫を出そうと企んだ。当日、伝七は女房お俊を照姫に仕立てた。彼女が火矢を雲海に射かけた時、髑髏隊が押し寄せた。金四郎の捕物陣と激突した、重兵衛は死に、逃げる雲海も塔から墜死した。--伝七らは安南へ発つ松浦藩の遺児彦四郎となみをはれやかに見送ったのだ。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。