日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

禁じられた唇
キンジラレタクチビル

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1958年01月03日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
Forbidden Lips  
上映時間
78分  

主婦と生活連載の沢野久雄の原作を、「美徳のよろめき」の新藤兼人が脚色、「危険な年齢」の堀池清が監督したラブ・ロマンスである。撮影は「俺は待ってるぜ」の高村倉太郎が担当した。主演は「江戸の小鼠たち」の津川雅彦、「地上」の野添ひとみ、「九人の死刑囚」の浅丘ルリ子。ほかに「心と肉体の旅」の安井昌二、柳沢真一、山岡久乃、小園蓉子、小沢昭一ら若手に、滝花久子、清水将夫、小夜福子らベテランが助演する。

スタッフ

製作
高木雅行
原作
沢野久雄
脚色
新藤兼人
監督
堀池清
撮影
高村倉太郎
音楽
木下忠司
美術
松山崇
照明
大西美津男
録音
神谷正和
編集
近藤光雄

ストーリー

京の祇園の世界に育った年増芸者戸久には、この土地を嫌って京大に学ぶ文子と、好んで舞妓となった戸美葉という姉妹の娘があった。死んだ父の友人大館の紹介で、戸美葉は、東京から京大に学ぶ学生辻五郎を、一日京都・奈良に案内し、彼を慕わしく思うようになった。卒業を控えて、五郎の兄の会社に就職を頼む文子も、彼に友人以上の、人知れぬ心を抱いていた。しかし、姉妹は互にそれを知らない。巨額の金を積んで戸美葉を狙う丸権の若旦那の口説きも、五郎への思いをつのらせるばかり。舞妓姿と加茂川べりを歩くことを恥らう彼に、「この髷がいかんのどすか」と、元結をぷっつり切って見せる彼女だった。妹の心の人が五郎とは知らぬ文子も、この恋を励ました。卒業も間近に五郎は東京へ、そして戸美葉も大館の計らいで上京、夢のような湘南海岸のドライブ、青空の下の海辺で、二人は変らぬ愛を誓った。一方上京した文子の就職も、五郎の手でうまくいった。しかし、翌日の五郎の誕生日のパーティで、姉妹を待っていたのは、知らなかった皮肉な恋の宿命の悲しみであった。傷心の戸美葉は丸権と琵琶湖の宿に向った。けれども、崩れんとする彼女を救ったのは姉文子だった。古い舞妓の世界から妹を引上げるのは五郎の愛のみと知ってかけつけたのだった。加茂川の水ぬるむ春、文子の温かい心づかいに包まれて、五郎の待つ東京に向って京都を離れる汽車の窓には、涙に濡れた戸美葉があった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。