日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

娘十八御意見無用
ムスメジュウハチゴイケンムヨウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1958年01月03日 
製作会社
東映東京 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
No Rule for Love  
上映時間
74分  

『明星』連載の中野実の原作より、「ゆうれい船 (後編)」の須崎勝弥が脚色、「佐々木小次郎 (前篇)(1957)」の佐伯清が監督、「どたんば」の藤井静が撮影を担当した。主演は、「ひばりの三役 競艶雪之丞変化 (前後篇)」の美空ひばり、「ジェット機出動 第101航空基地」の高倉健、星美智子、「警視庁物語 夜の野獣」の堀雄二、それに三条美紀等。色彩はイーストマン東映カラー。

スタッフ

企画
福島通人原伸光
原作
中野実
脚色
須崎勝弥
監督
佐伯清
撮影
藤井静
音楽
米山正夫
美術
進藤誠吾
照明
入江進
録音
加瀬寿士
編集
祖田富美夫

ストーリー

強気で純情、明朗な女子大生小林ひとみは、アルバイトの家庭教師採用試験で松井家をたずねた。そこで貧乏学生井上章吾と知合った。要領のいいひとみは見事合格、章吾は無念の涙をのんだ。ところがそれがきっかけで二人の間は急速に接近した。アルバイトにあぶれた章吾は、のらくら学生三好幹夫にたのまれて、一目惚れの青いオーバーの女性を探すことになった。ようやくみつけた女性はひとみの姉の岸子だったが、例の女性とは、実は姉のオーバーを着たひとみだった。章吾を恋し是非養子にとつきまとう乾物屋の妙子、それとはり合う幹夫の妹珠江。一方幹夫もひとみに熱をあげるという混乱状態。ひとみは松井家の亘と路子の仲をとりもってやったが、珠江がその間に割こんで来た。そこでひとみはたくみに亘と窮地を救ってやったが章吾の誤解をうけてしまった。なおも追いすがる珠江から亘をかばうひとみに、章吾は大むくれ。そこで章吾は最後の決として、恋人同士を選ぶ投票を提案した。固唾をのんで見守る一同の前に開かれる章吾の紙には、ひとみの名と待合せの時間が書かれてあった。喜びに胸をふるわせて、ひとみは章吾の許へ駈けつけようとするが、亘と路子の誤解をとくために、約束の時間におくれてしまった。いら立った章吾は、再びその場に引返えすが、一部始終を扉の外で聞き心の底からあらためてひとみを見直し、また新しい愛情が湧いて来るのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。