日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

坊ちゃん天国
ボッチャンテンゴク

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1958年01月03日 
製作会社
新東宝 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
60分  

“坊ちゃん”シリーズの第四作で、「新妻の実力行使」の近江俊郎が原作を書き(小説の泉所載)深松晶秀と共同脚色、自ら監督したライト・コメディ。撮影は「飛竜鉄仮面」の杉本正二郎。主演は「新妻の実力行使」の久保菜穂子、「ひばりが丘の対決」の高島忠夫。それに清川虹子、三木のり平、江川宇禮雄、古川緑波、市村俊幸らのヴェテラン。

スタッフ

製作
近江俊郎
原作
近江俊郎
脚色
近江俊郎深松昌秀
監督
近江俊郎
撮影
杉本正二郎
音楽
米山正夫
美術
朝生治男
照明
守田芳彦
録音
深尾昌司

ストーリー

日米大学の音楽部のキャプテン忠彦には、学生仲間でファッションモデルのアルバイトをしている恋人秀子がいる。彼女の父湯留川博士は強力男性ホルモン剤の発見に熱中していたが資金が続かず、秀子も心を痛めていた。或る日敵会社トッカン製薬の社長はショウで秀子を発見、彼女を宣伝に使って新薬を売出そうと考えた。彫刻家大和露壇の名をかたって、秀子をモデルに使いたいとおびきよせ、あやし気な振舞に及ぼうとする社長の魂胆に気づいた秀子は、危いところを逃れた。一方父のためになんでもやると言っていた秀子の身を案じて、忠彦が本物の露壇のところへ来てみると、少々よろめいて、露壇の家へ時々やって来る母のたか子夫人とばったり顔を合せてしまった。やがて全世界初の最高ホルモン・ミサイルXが完成、その完成祭りが行われることとなった。しかしその当日、予定した歌手たちは、詐欺にかかって来られないことが判明、場内騒然とするうち、秀子の機転で日米大学音楽部員が応援にかけつけた。やがてショウは最高潮、忠彦の唄声にききほれる観客、そして感謝と幸福の涙をたたえた眼差で忠彦をみつめる秀子の姿があった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。