日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

オンボロ人生
オンボロジンセイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1958年01月29日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
Hobo Village  
上映時間
109分  

サンデー毎日連載中の加藤芳郎の漫画をもとに、「新しい背広」の沢村勉と、「嵐の中の抱擁 おもかげは遥かなり」の富田義朗が脚本を書き、「抱かれた花嫁」の番匠義彰が監督、「逃げだした縁談」の西川亨が撮影したコメディ。主演は「黒い花粉」の佐田啓二、杉田弘子、「七人の女掏摸」の泉京子、それに久方ぶりの宮城まり子。ほかに片山明彦、小坂一也、益田キートンなどが助演。色彩はイーストマン松竹カラー。

スタッフ

企画
山内静夫
原作
加藤芳郎
脚本
沢村勉富田義朗
監督
番匠義彰
撮影
西川亨
音楽
牧野由多可
美術
芳野尹孝
照明
磯野春雄
録音
熊谷宏
編集
大沢しづ

ストーリー

バタヤ集落にとぐろをまく一群、「絵描き」と呼ばれる乞食、文化住宅を夢見るシャンソンと恋人の靴みがきコッペ、好色なバタヤのモン吉とその女房花子、子供の愛ちゃん、威勢のいいハチ公、消息通のバタ屋ニュースヤ、舶来乞食ジャム、元華族のロケット発明狂「御前」、肉体美をほこる心臓グラマー。彼等は一団で崩れかかった倉の中に引っこしたが、そこには知恵のまわりかねる小娘マリ子とその養父が住んでいた。近くの大衆食堂ホルモン軒には、医者のシケタ先生、流しの六さんも集る。女難の六さんはグラマーに追いまわされるが、モン吉の拾った宝クジから三十万円が当った。一同高級レストラン行、姿を消したモン吉はグラマーを囲ったという噂。折も折、コッペがマリ子こそ金田という富豪の娘であることをかぎつけた。シャンソンはコッペと謀って花子を金田にわたすが、彼女を八つの時から育てた父親は気がぬけたようになる。ところが、ニュースヤがコッペとシャンソンのたくらみをバラしてしまう。一同金田邸へデモ行進、相擁して泣く父娘の姿に、金田も折れてマリ子を彼等の一団に返した。その結果シャンソンとコッペは追放され、平和がよみがえったかに見えたが、地主が愚連隊を手先として一同の立退きを要求する。一難去って又一難……と思った時、金田が現われてこの土地を買いとってくれた。だが、マリ子は童話の上手なシャンソンの不在が淋しい。シャンソンはコッペと土管住いをしているのだが、そこに出世した六さんの歌声が、ラジオに乗って流れて来るのだった。一同が再び会う日もほど近い。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。