日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

七人の女掏摸
シチニンノオンナスリ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1958年01月15日 
製作会社
松竹・京都 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
Seven Women Pickpockets  
上映時間
93分  

週刊サンケイに連載された小島政二郎原作「おこま」を映画化したもの。「喰いだおれ一代」の安田重夫が脚色し、「海人舟より 禁男の砂」の堀内真直が監督、「お富と切られ与三郎」の倉持友一が撮影した。主演は「すっ飛び五十三次」の高千穂ひづる、名和宏、「花嫁のおのろけ」の泉京子。ほかに福田公子、浪花千栄子など。

スタッフ

製作
橋本正次島津清
企画
佐野博
原作
小島政二郎
脚色
安田重夫
監督
堀内真直
撮影
倉持友一
音楽
木下忠司
美術
川村鬼世志
照明
蒲原正次郎
録音
森沢伍一
編集
宮田味津三

ストーリー

江戸で表向き質屋を営む伊勢屋、実は浅草一帯を縄張りとする掏摸の親分平吉には、腕達者のおこま、おもん、おさい、おりき、おきた、おせん、おすみという七人の女掏摸がいた。このうちおこま、おもん、おさいの三人は平吉一家の跡目をねらって張り合っていた。ある日浪人伊藤秋之助の書付を狙おうとしたおこまとおもん。おこまは女巡礼およねに邪魔されて、手柄をおもんに奪われた。およねはおもんの母親で、かつて平吉の片腕であったが、平吉との間におもんをもうけ、堅気になろうとして平吉に追われたのだった。およねはおもんに堅気になってくれとたのむが、野心に目のくらんだおもんは耳に入れない。一方おさいは乾分銀次を色仕掛で味方につけ、おこまを陥れようとするが、平吉の息のかかっている目明し三吉にかぎつけられ、他国に売り飛ばされてしまう。その頃、おこまは酔どれに囲まれている所を秋之助に救われ、天真な彼の態度に惹きつけられる。平吉は自分の女房になって跡目を継げと迫るが、身をもって秋之助のもとに走るおこまだった。平吉は三吉に命じて秋之助を傷つけるが、彼は同心辻三之進に救われた。遂におせんは伊勢屋に乗り込んで平吉を殺すが、跡目を狙うおもんと三吉の争となり、おこまはおもんと共に座敷牢にとじこめられる。その時辻三之進、伊藤秋之助を先頭とする捕方が伊勢屋をとりかこむ。牢を破ったおこまは、秋之助とヒシとだきあうのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。