日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

乱撃の七番街
ランゲキノナナバンガイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1958年01月22日 
製作会社
東映東京 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
Gunfight on 7th Street  
上映時間
73分  

「警視庁物語 夜の野獣」の長谷川公之の脚本により、「爆音と大地」の関川秀雄が監督、「警視庁物語 夜の野獣」の福島宏が撮影した犯罪もの。主演は「多羅尾伴内 十三の魔王」の波島進、進藤英太郎、中村雅子、「娘十八御意見無用」の堀雄二、「どたんば」の岡田英次。ほかに加藤嘉、故里やよい、多々良純、神田隆、外野村晋などが助演している。

スタッフ

企画
斎藤安代
脚本
長谷川公之
監督
関川秀雄
撮影
福島宏
音楽
池田正義
美術
藤田博
照明
森沢淑明
録音
岩田広一小松忠之
編集
長沢嘉樹

ストーリー

鋳物工場の火事跡から工場主の射殺死体が発見され、中田主任指揮の捜査班は、早速活動を開始した。ナイトクラブ・インターナショナルの灰皿とバッジの鋳型を手掛りとして……。宮川刑事はこのバッジを利用、地下の国際賭博場を探り当て、そこで、宮川は戦友の坂巻に邂逅した。気まずく彼の前を去る坂巻を追った宮川は、彼の一味のふくろだたきに会い、警察手帖と拳銃を奪われてしまった。深い責任感から、言いそびれた宮川は坂巻の釈放を条件に警察手帖を返してもらった。しかし拳銃を返してもらわなければ……。その拳銃が兇行に使われてはとバッジを渡しても拳銃を取り返そうとしたが、皆に疑われていた宮川はバッジを手に入れることが出来ない。そこで鋳型からバッジを作って不思議な女リカに案内されて一味のアジトに向った。しかし、バッジがニセ物であることを見破られ、あわやという時、坂巻が彼を逃がそうとした。いつしか宮川を恋していたリカもこれに力を貸そうとした。しかし、このことはボスの黒磯にさとられてしまった。坂巻を殺せ--こう言って黒磯から拳銃を渡された宮川は、とっさの機転で坂巻を救った。一方リカをつれてフルスピードで逃げた黒磯は運転をあやまって死んだ。お前だけは縛りたくない--という宮川の前に坂巻が手をさしのべた。いまや宮川に対する疑いは晴れ、中田に出された辞表は、宮川の許婚、中田の娘みえ子の手で破られたのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。