日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

アンコール・ワット物語 美しき哀愁
アンコールワットモノガタリウツクシキアイシュウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1958年03月25日 
製作会社
連合映画 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
The Princess of Angkor Wat  
上映時間
94分  

「ひばりの三役 競艶雪之丞変化 (前後篇)」の渡辺邦男が、自から原作、脚色、監督した恋愛ドラマ。撮影も例によって渡辺孝である。主演は「遥かなる男」の池部良、久し振りに安西郷子と山口淑子。ほかに、東野英治郎、竜崎一郎、田崎潤、山田真二、青山京子、雪村いづみ、田中春男や香港の女優ツン・フンなどが助演。

スタッフ

製作
佐伯隆敏
原作
渡辺邦男
脚色
渡辺邦男
監督
渡辺邦男
撮影
渡辺孝
音楽
斎藤一郎
美術
北川恵笥
照明
岸本万平
録音
長岡憲治
編集
永田紳

ストーリー

河井俊一はカンボジアへ自分の“想い出”のためにやってきた。彼はアンコール・ワットで終戦の報を聞くまで、そこの日本軍守備隊の小尉として勤務していた。終戦の頃七歳のカンボジア王女と親しんで、彼女を安全な場所へ送り届けた時、頬に接吻されたことがある。その妹のように思った彼女の成長した姿--いや、思い出の地アンコール・ワットを、一目見たかったのだ。カンボジア王女コラット姫は美しく成人し、国中の憧れと誇りになっていた。街で、ふと知り合った娘が、当のコラット姫の原住民に変装して下情視察にきた姿だとは知らず、河井は二人でアンコール・ワットへ来た。ワットで、河井は自分の“想い出”をコラットに話す。コラットは何度も自分の素性を明し、彼の腕の中へ飛びこもうとした。そのまま別れて王宮に帰ったあとも、コラットは、家庭教師アンジェラに河井あての手紙を託したりした。河井も、その少女のことが忘れられなかった。河井は招かれて王宮へ行き、そこで始めてコラットが王女であることを知った。彼はカンボジア永住をすすめられた。が、彼は祖国を忘れられぬと、そのまま自分の思いを抑えた。彼が旅立つ日、姫は自分が少女時代からしていた胸飾りを河井に与えた。河井はアンコール・ワットの絵画を姫に残した。--アンコール・ワットのコラット姫にまつわる伝説が新しい語り草になった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。