日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

螢火
ホタルビ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1958年03月18日 
製作会社
歌舞伎座 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
124分  

織田作之助作の「蛍」の映画化。脚色は「負ケラレマセン勝ツマデハ」の八住利雄、監督は「挽歌(1957)」の五所平之助、撮影は「海の野郎ども」の宮島義勇が担当。主演は「負ケラレマセン勝ツマデハ」の淡島千景、伴淳三郎、「侍ニッポン」の森美樹、「新婚七つの楽しみ」の若尾文子。

スタッフ

製作
加賀二郎内山義重
原作
織田作之助
脚色
八住利雄
監督
五所平之助
撮影
宮島義勇
音楽
芥川也寸志
美術
平川透徹
照明
藤来数義
録音
竹川昌男
編集
長田信

ストーリー

伏見の船宿「寺田屋」の女将登勢は、甲斐性なしの夫伊助を助けて店を切りまわすしっかり者だった。伊助の継母お定は、実の娘お椙がならず者の五十吉と通じ、お光をのこして駈落してしまったので、仕方なく伊助に寺田屋をゆずった関係から、嫁の登勢につらく当った。彼女はその中で夫をたすけ、貧しい子のお良を引きとり、お光には実の母のように対して、登勢の死後は一そう店の中心となって働いた。伊助は京都にお民という妾を囲い、足繁く通っている。時代は次第に勤王佐幕の、ぶっそうな世の中と変って行った。その頃台所からヌッと入ってきた坂本竜馬という男、その風格にすっかりひかれてしまった登勢であった。だが、捕手に追われ、お良の機転で逃れた竜馬は、お良に対して自分の思慕を打ちあけ、それを知った登勢は、再び殺到する捕手を身を以て守りながら、竜馬とお良を逃すのだった。それから数日後、お民との間を清算してもどった伊助と登勢は、「坂本竜馬暗殺さる」という瓦版を読んだ。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。