日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

春高楼の花の宴
ハルコウロウノハナノエン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1958年01月29日 
製作会社
大映東京 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
Symphoney of Love  
上映時間
111分  

小説新潮に連載された川口松太郎の『王女の琴』の映画化「鳴門秘帖(1957)」の衣笠貞之助が脚色監督した。脚色には相良準も加わり、撮影担当は「駐在所日記」の渡辺公夫。主演は「柳生武芸帳 双龍秘劔」の鶴田浩二、「東京の瞳」の山本富士子、「有楽町で逢いましょう」の小野道子。助演は芥川比呂志、滝沢修、上原謙、穂高のり子、南左斗子など。

スタッフ

製作
永田雅一
企画
米田治
原作
川口松太郎
脚色
衣笠貞之助相良準
監督
衣笠貞之助
撮影
渡辺公夫
音楽
斎藤一郎
美術
柴田篤二
照明
泉正蔵
録音
橋本国蔵

ストーリー

琴の筑紫会で天才をうたわれる光雄と、その家元白鳳の娘伊佐子は恋仲であったが、光雄はこの古い世界にたえられず、屡々家出し、その間に伊佐子は筑紫会の理事長鈴木彦兵衛と縁組した。だが彼女が結婚する直前、九州別府の演奏会に出席した光雄と伊佐子は、お互に深い愛情を確認しあうのだった。そして花嫁は、結婚式場から姿を消した。だが、二人の生活は、冷い世間の中であまりに苦しかった。場末の興行場では光雄の腕も伊佐子の才能も認められず、嘲笑と野次をあびるばかり、遂に鈴木彦兵衛の手引で、伊佐子は恥をしのんで筑紫会に復帰した。光雄は琴による一大シンフォニーを作曲していた。これが世に認められれば、晴れて二人は結ばれるはずだった。ところが再び琴の古い世界が、二人の再会をさえぎった。琴の世界を守るために家に帰らねばならぬ伊佐子、光雄は自分の恋が、出来上った曲の中だけに実ったのを感じて、大成功に沸き立つ会場から、一人淋しく去るのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。