日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

曲馬団の娘(1958)
キョクマダンノムスメ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1958年02月19日 
製作会社
東映東京 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
A Circus Girl  
上映時間
83分  

「不良女学生」の植草圭之助が書下した脚本を、「血まみれの決闘」の小石栄一が監督し、「笑え勘平より 消えた短剣」の西川庄衛が撮影した、サーカスの世界を背景にするラヴ・ロマンスである。主演は「どたんば」の江原真二郎、「多羅尾伴内 十三の魔王」の中村雅子に、「笑え勘平より 消えた短剣」の小宮光江、今井俊二。ほかに月丘千秋、杉狂児、岸井明、清川虹子などが助演。

スタッフ

企画
根津昇
脚本
植草圭之助
監督
小石栄一
撮影
西川庄衛
音楽
飯田三郎
美術
田辺達
照明
銀屋謙蔵
録音
広上庄三
編集
長沢嘉樹

ストーリー

象、ライオンに混って、このサーカスの呼び物は、一郎とスミレの空中ブランコであった。サーカスが横浜に天幕を張ったとき、街の中でスミレは偶然にも叔父の謙介にあった。スミレは戦争のドサクサで、家族と生き別れになり、浮浪児の生活をしているとき、幸運にも親切なサーカスの道化師倉太に拾われ、今では一座になくてはならない花形コンビにのし上っていた。叔父の謙介は、養子の謙二と共に東陽軒という飲食店を経営していた。スミレの親と謙介の間では、ゆくゆくはスミレと謙二を一緒にしようと約束していた。行方知れずのスミレをみつけた謙介は、この奇遇に喜び、謙二もこれを機会に足繁く、サーカスの楽屋に彼女を訪れるようになった。謙二の出現は一郎にとって面白くなく、ちょうどその時、以前に一郎に肘テツを喰い、一座を飛び出した菊子が、また戻って来た。二人の間に険悪な空気が流れたが、二人の愛情は固く、家に引取りたいという謙介の言葉にも、スミレは一座を離れようとはしなかった。横浜での公演も終りに近づいたころスミレは謙介親子と一緒に、亡き父母の墓参に出かけた。しかし自動車の事故でスミレは空中ブランコに間に合わなかった。いら立つ一郎は仕方なく、菊子を相手に空中飛行をした。帰って来たスミレをみて、一郎は激しく頬を打った。悄然としてサーカスを去るスミレは、謙二のところにもいかなかった。心配になって来た一郎は、あちこちとオートバイに乗ってスミレを探した。夜汽車に危くひかれんとしたとき、一郎は自分の身をギセイにしてスミレを助けた。しかし、生れながらの身軽さで、一郎の怪我も軽くてすんだ。元気になった二人は、ふたたび、空中ブランコの妙技で、観衆をうならせ続けた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。