日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

千両獅子
センリョウシシ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1958年02月12日 
製作会社
東映京都 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
Lion of A Thousand Ryo  
上映時間
91分  

週刊東京連載山手樹一郎「江戸群盗記」の映画化。脚色は「忍術水滸伝 稲妻小天狗」の結束信二、監督は「どたんば」の内田吐夢、撮影担当は「旗本退屈男 謎の蛇姫屋敷」の伊藤武夫。主演は「任侠東海道」の市川右太衛門、「神変麝香猫」の千原しのぶ、大川恵子。ほかに大河内傳次郎、進藤英太郎、山形勲など。

スタッフ

企画
坂巻辰男
原作
山手樹一郎
脚色
結束信二
監督
内田吐夢
撮影
伊藤武夫
音楽
山田栄一
美術
鈴木孝俊
照明
山根秀一
録音
佐々木稔郎
編集
宮本信太郎

ストーリー

将軍家斉の治下の江戸に葵の紋服を着て自ら将軍家御落胤葵太郎と名乗る怪盗が出没し、幕府の権臣と結んで私利私慾にふける御用商人の財宝をかすめとっていた。南町奉行鳥居甲斐守は三千石の旗本松平鶴太郎に疑いの目を向けた。何故なら彼は御落胤の一人であり、葵太郎と瓜二つだったからだ。鶴太郎はスリの少年仙太と浅草の曲芸師つばめとフトした機会に知り合ったのをしおに、独自の立場から葵太郎探索に乗り出した。そこに蔵前の札差し飯田銀兵衛が浮び出てきた。銀兵衛は金を用立てている母里信濃守の息女雪姫を手ごめにしかけたが、鶴太郎が現れ、彼女を救った。その時葵太郎が出現し、十万両と引きかえに、鶴太郎から雪姫を奪うことをうけおった。約束の日、葵太郎は雪姫奪取には鶴太郎からさえぎられて失敗したが、十万両はまんまとせしめた。甲斐守は銀兵衛と結んで私腹を肥していた。葵太郎は銀兵衛を改めて襲うと通告した。甲斐守は鶴太郎を、その母松野と共に葵太郎として捕えた。松野はもと旗本新城左馬之介の妻で、一子美代太郎が生れて後、先代将軍の妾にされた。左馬之介は公儀を恨んで切腹、美代太郎は行方不明となった。松野は将軍の子鶴太郎を生んだ後、宿に下った。この美代太郎が成人した姿が復讐の鬼と化した葵太郎だった。松野から委細を聞き、鶴太郎は兄のため処刑を受けようと思ったのだ。彼を護送する鳥居らと銀兵衛の前に、葵太郎が現れた。彼は銀兵衛に雪姫を渡すためにだけ来たのだが鶴太郎母子の彼への呼び声を聞くと、人の子の心がよみがえり、たちまち銀兵衛を斬り、雪姫を鶴太郎に手渡すと、母を連れて消えたのだ。彼は執念も何も消えた日本の地を去り、南海を目指して船出して行ったという。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。