日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

手錠
テジョウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1958年02月12日 
製作会社
大映東京 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
56分  

NHKの連続ドラマ、香住春吾作「四つの窓」より映画化したもの。脚色は星川清司、監督は新人阿部毅、撮影は「新婚七つの楽しみ」の小林節雄がそれぞれ担当した。主演は「日露戦争勝利の秘史 敵中横断三百里」の高松英郎、石井竜一、新人市田ひろみ、それに東野英治郎。ほかに佐野浅夫、藤山浩一、竹里光子など。

スタッフ

製作
永田秀雅
企画
原田光夫
原作
香住春吾
脚色
星川清司
監督
阿部毅
撮影
小林節雄
音楽
池野成
美術
山口煕
照明
柴田恒吉
録音
飛田喜美雄

ストーリー

ある田舎町から東京警視庁まで、強盗犯及川を護送する役目が安井と中込の二人に命じられた。安井はこの仕事を最後に停年退職する老刑事、逆に中込はこれが初仕事の新米刑事だ。及川は仲間と共謀し、駅の便所で安井刑事と手首を手錠で繋ぎ合ったまま、脱走に成功した。盗んだ車に、殴られて気絶した中込刑事も乗せ、一味は及川の情婦美千絵のバー・チェリーへ向う。安井刑事は、その途中、手錠の鍵を破れたシートの間に隠そうとした。が、錠は中込の足許へ転る。意識を回復した中込はそれを秘かに外へ投げ捨てた。一味の隠れ家で、二人は残酷なりンチを受ける。錠を出せ。殺し屋の金田が安井刑事の手首を切り離そうとまでした。しかし、錠を道で拾った少年憲一が、ひょんなことで、美千絵に捕り、二階へ引っぱりあげられてきた。--警視庁では予定時間に到着せぬ両刑事の捜査を始めていた。憲一は錠を及川たちに気づかれぬように、中込に渡した。階下では美千絵が麻薬密売の取引をしている。及川は麻薬患者で、彼が深い眠りに落ちているすきに、安井は手錠をはずし、及川の手から拳銃を取り戻した。中込も自由になり、一味を倒すが、及川は憲一を楯に、美千絵を連れて車で逃げた。安井たちも車で追った。及川の車は踏切りの急カーブでエンジン・ストップし、汽車にはね飛ばされた。憲一だけが危く難を逃れた。安井たちは燃え上る車を前にただ呆然と立ちつくした。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。