日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

母(1958)
ハハ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1958年03月05日 
製作会社
大映東京 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
111分  

「母つばめ」の笠原良三のオリジナル・シナリオを、「東京の瞳」の田中重雄が監督、「日露戦争勝利の秘史 敵中横断三百里」の高橋通夫が撮影した母性愛映画。主演は「くちづけ(1957)」の三益愛子、「有楽町で逢いましょう」の京マチ子、菅原謙二、「大都会の午前三時」の根上淳、川口浩「東京の瞳」の船越英二など。ほかに、見明凡太朗、小野道子、角梨枝子、川上康子、志村喬、若尾文子、鶴田浩二、三宅邦子、山本富士子らが大挙助演。

スタッフ

製作
永田雅一
企画
川崎治雄
脚本
笠原良三
監督
田中重雄
撮影
高橋通夫
音楽
古関裕而
美術
間野重雄
照明
伊藤幸夫
録音
長谷川光雄

ストーリー

戦争中東京で工場を経営していた仙吉は、田舎に疎開したが、終戦にあって、収入の道がとだえ、長男の良太郎が復員してこないせいもあり、すっかり気力を失った。工場の再建も図らず、毎日酒びたりで、妻きよや子供たちを叱りつけてばかりいた。三男の栄三の一寸したいたずらで村八分されて以来、栄三には特につらくあたった。良太郎が復員してき、父に意見したので、仙吉はやっと東京へ戻って工場を建てなおすつもりになった。十年たった。良大郎は弁護士になり、清二は彫刻家、長女咲江は高山家へ嫁ぎ、千代子は舞台に立ち、栄三は大学生になった。父の還暦祝の夜、栄三が贈物を買うのに手間どって遅れると、仙吉はきよのとりなしも聞かず叱りつけた。栄三はそのまま家出し、キャバレーのボーイに住みこんだ。妹のことで町のボス達と喧嘩し、倒れてしまった栄三を、きよと節子が助け出し、栄三の幼な友達節子の父の病院へ入れた。彼が退院して家へ帰った時、家は火に包まれていた。工場経営に憔悴した仙吉が、きよの留守に保険金ほしさから放火したのだ。栄三は父の身代りになって自首して出た。仙吉は病に倒れ、息をひきとるとき、すべてをきよに話した。きよからそれを聞いた良太郎は、そのまま握りつぶした。一年後、出所した栄三はきよに迎えられ、良太郎の家に引き取られた。が、兄の冷いしうちに家を去り、節子の叔父伊集院のもとで、漁業にいそしんだ。栄三からの送金は、良太郎が着服し、母の手にはとどかず、しかも夫婦はきよにつらくあたる。きよは家を出、清二の家に移り、そこでもジャマにされ、咲江の家へ移ると、その貧しさに心苦しくなり、またあてどなく立去った。彼女は公園のベンチに坐り、やさしい栄三のことを想った。きよが住みこんだ食堂は、節子が女医として働く工場のものだった。節子は偶然きよに出会い、それを栄三に知らせた。彼はすぐさま帰京し、その足で都議選に出た兄の演説会場へ行き、兄の無責任を責めた。彼を引っぱって母のところに行こうとした。が、途中で思い止り、母のところへ駈けつける。今は心を改めた良太郎や一家全部と節子らが揃って、丘の上の墓地へ詣でた。長兄は母を背負い、皆は和やかに笑った。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。