日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

少年猿飛佐助 天空の白馬
ショウネンサルトビサスケテンクウノハクバ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1958年02月19日 
製作会社
東映京都 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
Kid Magician Sasuke Part 3  
上映時間
52分  

「少年猿飛佐助 牢獄の姫君」の続篇。スタッフ・キャストはほとんど前篇と変らない。

スタッフ

企画
辻野公晴田口直也
原作
檀一雄
脚色
小川正
監督
河野寿一
撮影
三木滋人
音楽
山田栄一
美術
吉村晟
照明
田中憲次
録音
中山茂二
編集
宮本信太郎

ストーリー

真田幸村は大砲、弾薬を秘かに倉島主水らに造らせていた。その試射は成功したが、徳川方の手がのび、山賊の熊坂甚内らがすきをねらって奪い去ろうとしていた。その一味には、忍者夜霧の源助も加っていた。猿飛佐助は幸村の命を受け、使者として、その工場にやってきた。佐助は山賊らの通う飲み屋千曲屋で、山賊らをからかったりした。ここの女将おツルは山賊方のスパイだ。職工多吉が山賊らの手で連れさられ、更に三好清海人道兄弟の持ってきた幸村の密書はおツルが持って逃げた。三好らは彼女を追って源吉の罠にかかり、山牢に閉じこめられた。工事場に働くお絹と、佐助は仲良くなったが、彼女は源吉の手下、徳川方の忍者だった。佐助はそれを見抜いていた。お絹を許し、忍者をやめて故郷へ帰れとさとした。佐助が三好の牢の扉を開けようとした時、そこに爆薬の仕掛けられていることを知るお絹は代りに身を投げ、佐助らを救って死んだ。真田の城へ向う大砲の行列を、山賊たちが襲撃した。彼らは大砲を奪うと、山塞へ逃げこんだ。真田勢は廻りを取り囲み、両者の攻防が始る。一方に源吉、一方に佐助。二人の忍術が主要武器だ。ついに、源吉の術は破れ、彼は谷底へ落ちていった。山賊たちも滅びた。爆発する山塞を後に一行は大砲を運んで、真田の城へ着いた。佐助と百合姫は手を取り合った。二人は、城外の野原で、うっとりと、祝宴ににぎわう城の方を、いつまでも眺めていた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。