日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

丹下左膳(1958)
タンゲサゼン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1958年03月18日 
製作会社
東映京都 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
Secret of the Golden Spell  
上映時間
99分  

お馴染み林不忘の原作を、「恋風道中」の中山文夫が脚色、「多羅尾伴内 十三の魔王」のコンビ松田定次が監督、川崎新太郎が撮影した。丹下左膳には「神変麝香猫」の大友柳太朗が扮し、「緋ざくら大名」の大川橋蔵、「素っ飛び笠」の東千代之介、「大当り狸御殿」の美空ひばりに長谷川裕見子、松島トモ子、月形龍之介、大河内傳次郎、薄田研二、喜多川千鶴等と豪華な顔ぶれである。東映スコープ公開一周年記念映画。色彩は東映カラー。

スタッフ

製作
大川博
企画
辻野公晴中村有隣
原作
林不忘
脚色
中山文夫
監督
松田定次
撮影
川崎新太郎
音楽
深井史郎
美術
川島泰三
照明
中山治雄
録音
石原貞光
編集
宮本信太郎

ストーリー

伊賀の国二万三千石の貧乏大名柳生家には、百万両の秘密の所在を封じ込んだ「こけ猿」という壷がある。時は八代将軍吉宗の世。「こけ猿」の由来を知らぬ当主対馬守は暴れん坊の令弟源三郎にこの壷を与え、司馬道場に婿入りさせた。ところが道場の師範峰丹波は、師の娘萩乃に心をよせるため、源三郎の婿入りを喜ばない。スリの与吉は源三郎から「こけ猿」を奪い、この丹波に小判五十枚で売りつけようとしたが、これを奪ったのが隻眼隻手の怪剣士丹下左膳だった。トンガリ長屋に、山吹の師匠お藤と、孤児ちょび安と住んでいる。一方柳生家では「こけ猿」の秘密を知り大さわぎ、さっそく壷を求める家臣が八方に散った。だがその頃、左膳と源三郎は、司馬道場を乗取ろうとする丹波の策略を知り、左膳は壷を源三郎にわたしたが、いつの間にか大岡越前守の隠密泰軒の手で、壷は偽物にすり替えられていた。それを知らぬ源三郎は、道場に乗り込んで丹波の奸計を破ったものの、丹波は復讐の手段として萩乃とちよび安を拐った。一方本物の「こけ猿」は越前守の手にわたったが、中から出たのは柳生の先祖石舟斉が書いた反古があるばかり。百万両の夢は破れた。萩乃を奪われた源三郎は、単身丹波一味の屋敷にかけつけたが、衆寡敵せず、すでに危い。一方ちょび安を救うために、左膳もこの屋敷に向って宙を飛ぶ。群る刀の前に、ドッと倒れた源三郎の耳に、左膳の怒号が間近く聞えた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。