日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

若い広場
ワカイヒロバ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1958年04月08日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
108分  

「全国学園新聞」連載の蔦原万亀雄作『蒼いレール』を、高橋治と中島和彦が共同脚色した、受験生を扱ったメロドラマ。「七人の女掏摸」の堀内真直が監督を、「黒い河」の厚田雄春が撮影を、それぞれ担当した。主演は新人の片桐真二、山本豊三、清川晶子、三上真一郎青春スターと、高千穂、渡辺、南原、有沢、片山など。

スタッフ

製作
桑田良太郎
企画
佐野博
原作
蔦原万亀雄
脚色
高橋治中島和彦
監督
堀内真直
撮影
厚田雄春
音楽
木下忠司
美術
熊谷正雄
照明
青松明
録音
堀義臣
編集
杉原よし

ストーリー

葵高校三年A組には、東大を目指す四人のグループがあった。片桐敏夫、吉川真二、山内道也、それに速水梨枝がそのメンバーである。学校で大学受験のための実力テストがあった。全学年を通じて山内がトップ、続いて片桐梨枝の順で、吉川はかなり落ちていた。片桐と梨枝は落胆する吉川をなぐさめたが、吉川にはそれがなお苦しかった。彼は梨枝の才気ばしった美しさにひかれていたので、片桐と梨枝の親しい様子に屈辱を感じたのだ。受験生達の緊張をほぐすために、担任の川原先生の発案で有志の関西旅行が行われた。貧しい下宿生活の山内と、勉強の遅れをとりもどす吉川は参加しなかった。しかし、一緒に出発した敏夫と梨枝を思うと、吉川は勉強にも身が入らなかった。片桐にはこの関西旅行が忘れられぬものとなった。奈良で梨枝と将来を誓いあっていたとき、その歓びの絶頂にあって父の死が知らされたからである。父は店の借財を苦にして自殺したのだった。母もなく、また幼い弟妹もいるので、片桐の姉冴子は恋人との結婚をあきらめて店をやっていこうとした。姉のことや家のことを考えた片桐は、皆の反対はあったが、進学をやめて、家業の炭屋に専念しようと決意した。吉川は、むくいられなかった梨枝への愛情と、勉強を強いる両親の為に、成績が落ち、反抗的になっていった。不良女学生の美知と仲よくなり、金に困った彼は、自分の家へ強盗に入って警察に留置される。山内も苦しい毎日を送っていた。無理がたたって胸をやられていたのだ。彼を慰めてくれるのは、簡易食堂の少女の心づかいだけだった。いよいよ試験の日、現れたのは、やつれた山内と梨枝の二人だった。二人はパスしたが、山内はそれも知らずに病死した。--四人の灰色の青春。だが若さと希望と夢が、残った人達を新しい人生に導くだろう。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。