日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

命を賭ける男
イノチヲカケルオトコ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1958年04月29日 
製作会社
大映京都 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
A Man Who Stakes His Life  
上映時間
102分  

「遊侠五人男」の八尋不二のオリジナル・シナリオを、同じく「遊侠五人男」の加戸敏が監督、「江戸っ子祭」の牧田行正が撮影した娯楽時代劇。主演は「忠臣蔵(1958)」の長谷川一夫、「天竜しぶき笠」の山本富士子、「旅は気まぐれ風まかせ」の市川雷蔵、「愛河」の川口浩。ほかに浦路洋子、近藤美恵子、田崎潤などが出演。色彩は大映カラー。

スタッフ

製作
永田雅一
企画
浅井昭三郎
脚本
八尋不二
監督
加戸敏
撮影
牧田行正
音楽
鈴木静一
美術
上里義三
照明
加藤庄之丞
録音
大谷巖
編集
宮田味津三

ストーリー

江の島に参詣に出かけた白柄組坂部らは、その帰途、通りかかった色若衆に喧嘩を吹っかけた。だが、若衆は案外に手ごわかった。この修羅場へ駕篭を乗りつけたのが、幡随院長兵衛である。長兵衛の扱いに、坂部らは悪態残して立去った。この若衆は、因州で女のことから本庄助太夫を斬り立退いてきた白井権八である。彼の気っぷに惚れこんだ長兵衛は、自分の許に引き取った。長兵衛の家に入った権八に、何かと世話をしてくれる女があった。この娘、おきぬといい、長兵衛の主筋にあたり、女気のない一家をきり回す勝気な女だった。梅八は子分らに連れられ吉原へ出かけた。権八は、初恋の女に瓜二つの小紫の座敷へあがった。その小紫を呼んだのが、坂部らだった。彼らは小紫が来ないのに業をにやし座敷へ押しかけた。騒ぎが大きくなろうとした時、現われたのが長兵衛。その水際だった扱いに呆然とする坂部らの後から姿を見せたのは、白柄組の頭領水野十郎左衛門である。水野のさし出す大鯛をぐっと咥えた長兵衛の平然たる態度に、この場はことなくすんだ。ある夜、権八は小紫の許からの帰途、仇討に出てきた本庄助八を発見、返り討ちにした。返り血浴びた衣裳を見とがめられ、長兵衛に卑怯なふるまいを詰問された権八は彼の家を飛び出した。彼はその足で小紫を訪れ、つきぬ別れをした後、本庄助七への決闘状を認めた。秋葉力原。権八の前に現れたのは助七を先頭にした因州藩士数名。凄絶な死闘が展開した。ようやく助七を水野屋敷前で討ち果したが、白柄組の連中に発見され、捕われた。坂部らは、早速使いを長兵衛の許に走らせた。長兵衛はおきぬを呼び寄せ、別れの盃をかわして単身死地に赴いた。水野は権八を解き放ち、長兵衛と一献傾けようと思い、まず長兵衛を湯殿へ案内させた。水野の処置に不満の坂部らは、この時とばかり長兵衛を襲撃した。この騒ぎを聞いた水野は、長兵衛を殺すなら己が手でと槍をとった。今はこれまでと覚悟した長兵衛はわれとわが胸に槍をつきたてた。積み重なる不行跡を見るに見かねた幕府は、白柄組に死の断を下した。長兵衛の貴重な死が、江戸市民に平和をもたらしたのである。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。