日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

警視庁物語 七人の追跡者
ケイシチョウモノガタリシチニンノツイセキシャ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1958年06月10日 
製作会社
東映東京 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
Tokyo Patrol-Seven Detectives  
上映時間
57分  

「乱撃の七番街」の長谷川公之の脚本を、「ふるさとの唄 お母さんの東京見物」の村山新治が監督、佐藤三郎が撮影した警視庁物語シリーズの一篇。出演は新人大村文武、小宮光江、高木二朗、浦里はるみ、小沢栄太郎、堀雄二など。

スタッフ

企画
斎藤安代
脚本
長谷川公之
監督
村山新治
撮影
佐藤三郎
音楽
三木稔
美術
藤田博
照明
城田昌貞
録音
大谷政信
編集
祖田富美夫

ストーリー

青白い額に漂う濡れた黒髪。ゾーッとするような女の扼殺死体が、マンホールから発見された。情事か? 物盗りか? 警視庁捜査陣は、ベテラン刑事を動員して直ちに捜査を開始した。被害者の身許は、マネキン人形製造会社の事務員。二十六才、子持ちの未亡人で会社の給料を銀行から受取りに行ったまま、行方不明になったもの。会社の同僚は被害者がオパールの指輪をしていたというが、銀行の事務員は金を引出しに来たときは、ヒスイの指輪をしていたという。捜査陣はこの食い違いが事件の鍵ではないかと考えた。この指輪と赤い風呂敷包みが死体から紛失していた。この方面の手配から、被害者は生前オパールとヒスイを交換しており、その差額の金が会社の経理課長黒木から出ており、二人は特別の関係があることがわかった。その他にも、被害者が銀行の前から男と慌てて自動車で走り去ったこと。黒木は女出入りが多く、現在は新橋のバアの女給弘子と関係のあることがわかった。弘子の証言によると、事件当時、黒木は彼女と一緒にいて、黒木の自動車の容疑も、犯行に使われたものではなかった。こうして、黒木の容疑は薄れていった。しかし、弘子の指には被害者のヒスイの指輪が冷く光っていた。その指輪は弘子がパトロンの松原からもらったもので、その他にも金の援助を受けていた。弘子を追求すると、彼女と黒木の交際から、マネキン会社の会計面の事情がわかり、それを松原に話したこと、松原と被害者のアパートが同じことがわかった。犯人は銀行帰りの被害者を、子供が怪我をしたと偽って自動車に乗せ兇行に及んだのだ。そして犯人は松原--確証を握った捜査陣は、松原の自動車の売却先、谷口の店を張込んだが、松原はその裏をかいて谷口に弘子に金を渡せと電話でいって来た。深夜の街、張込む刑事、金包みを持って立つ弘子、そこに現れた松原、おどりかかる刑事達。辛苦に満ちた数日を過した刑事達の顔は、疲れも忘れたように明るかった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。