日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

デン助の陽気な拳闘王
デンスケノヨウキナケントウオウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1958年12月09日 
製作会社
東映東京 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
The Merry Boxer  
上映時間
49分  

「デン助の陽気な靴みがき」につづくデン助シリーズの一篇。脚本・中沢信、監督・伊賀山正光、撮影・福島宏とスタッフも前作と同様。出演も大宮敏光、松島トモ子、佐久間良子、波島進とまったく同じ。

スタッフ

企画
根津昇横山昌義
原作
中沢信
脚色
中沢信
監督
伊賀山正光
撮影
福島宏
音楽
木下忠司
美術
中村修一郎
照明
森沢淑明
録音
大谷政信
編集
長沢嘉樹

ストーリー

青空にポッカリと浮び上るビルの五階。そこには、今日もチビと一緒に窓枠にペンキ塗りをするデン助の姿がゴマ粒のように見えた。とその時、一陣の突風が起こり、ペンキ罐が転落した。それがよりによって、この地区の名士大山夫妻の頭に降りかかったからたいへん。たちまち、デン助は仕事にアブレてしまった。仕事探しに歩き疲れて公園のベンチに弁当箱をひろげる二人は、同じ長屋の住人エレベーター・ガールの小夜子と出会った。彼女はキャバレーのボーイで恋人の佐山と一緒だった。一方大山は、小夜子を我がものにしようとケンセイしていた。佐山の母が病気で倒れた。先立つものは金である。佐山は自信のあるボクシングで金を作ろうとした。それを知った大山は、乾分に佐山を襲わせた。そこで、デンスケがピンチヒッターとして登場することになったのだ。対手はデン助を見くびりすぎ、とんだところでデン助のグローブを顎に受けてダウンした。デン助の勝利。--今日も隅田川はうららかな流れを見せ、ポンポン蒸気には佐山と小夜子の晴れの姿があった。そして、渡舟場にはデン助をはじめとする長屋の連中の姿が。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。