日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

おこんの初恋 花嫁七変化
オコンノハツコイハナヨメシチヘンゲ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1958年07月06日 
製作会社
東映東京 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
Ever-changing Bridegroom  
上映時間
85分  

東北の伝説に取材した北条秀司の戯曲の映画化で、雪山に住む娘狐と木樵の若者の恋を幻想的に描こうという音楽時代劇。脚色は「花笠若衆」の中田竜雄、監督は「女ざむらい只今参上」の渡辺邦男、撮影は渡辺孝。「女ざむらい只今参上」の美空ひばりが二役を演ずるほか、三浦光子・星美智子・堺駿二、それに西川鯉次郎が映画初出演。色彩は東映カラー。

スタッフ

企画
児玉浩嗣原伸光
原作
北条秀司
脚色
中田竜雄
監督
渡辺邦男
撮影
渡辺孝
音楽
米山正夫
美術
森幹男
照明
元持秀雄
録音
加瀬寿士
編集
祖田富美夫

ストーリー

山また山。このあたりは狐たちの天国だった。おこん狐は無類の歌上手。今日もおこんたちが唄い踊っていると、銀太郎狐が息せききってやってきた。おこんの弟狐、良助が村の庄屋に捕ったという。さっそく、おこんは庄屋の家へかけつけると、江戸の板前に化けたのだ。ちょうど狐の料理法に困っていた庄屋たちをまんまとだまして、おこんは弟を助けだした。庄屋たちが追ってきたが、そこはおこん狐、案山子になったり馬子に化けたり、みごと追手の目をくらました。おこんがホッと一息ついたとき、彼女は木樵の斧吉の掘った落し穴に落ちこんでしまった。さすがのおこんも泣きだしたが、斧吉は彼女を穴から出すと、歌と踊りをやらせただけで逃してやった。おこんはそれからというもの一人山にいる斧吉の世話をやいてやった。いつか慕情が芽生えた。しかし、斧吉には村に好き合ったお菊という娘がいた。おこんは不思議に彼女に似ていたが……。お菊は悪代官に見染められ、たまった年貢米の代りに無理やり女中奉公に上げられた。庄屋は代官の機嫌をとるため斧吉の山を差し押えた。怒った斧吉を寄ってたかってしばり上げたが、おこんが助けにきた。彼女は得意のドロンドロンで悪代官や庄屋たちをこらしめる。おこんはますます斧吉を慕うようになる。しかし、狐と人間では……。お菊は代官の奥方のやさしい計らいで奉公をとかれ、いよいよ斧吉と祝言を挙げることにきまった。おこんの気は転倒し、友達のすすめに乗って、お菊に化け一足先に輿入れた。その夜お祝宴のとき、おこんはたまらず総てを斧吉に打ち明け、姿を消した。お菊の行列が段々近づいてきたが、代官たちが襲いかかった。おこんはこっぴどく代官をこらしめた。むろん化かしの一手で、お菊は無事、斧吉に抱かれた。おこんは泣きながら斧吉の小屋の灯を眺めつづけた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。