日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ひばりの花形探偵合戦
ヒバリノハナガタタンテイガッセン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1958年08月06日 
製作会社
東映東京 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
Dear Miss Detective  
上映時間
87分  

ひばり・高倉健の探偵合戦を骨子としたコミカル・スリラー。笠原良三・笠原和夫の共同脚本を、「新選組(1958)」の佐々木康が監督、「おけさ姉妹」の西川庄衛が撮影した。「おこんの初恋 花嫁七変化」の美空ひばり、「季節風の彼方に」の高倉健をはじめ、佐久間良子・山村聡・小宮光江・堺駿二などが出演する。色彩は東映カラー。

スタッフ

企画
児玉浩嗣原伸光
脚本
笠原良三笠原和夫
監督
佐々木康
撮影
西川庄衛
音楽
万城目正
美術
森幹男
照明
元持秀雄
録音
加瀬寿士
編集
祖田富美夫

ストーリー

由起子は「極東秘密探偵社」の花形探偵だ。三平はそのカメラの係りだ。ブラジルの邦人コーヒー王・松川が日本に残した京子という娘を探しに来た。ロザリオだけが手掛りだと由起子に言った。由起子は京子を探して、小諸へ行った。途中、三田村英次という男と知り合った。画家で、友達の牧場へ行く途中という。が、彼は「三田村探偵事務所」の私立探偵だった。先廻りして、京子の疎開先へききこみに行ったのだ。こうして、二人の探偵合戦は始った。が、どうやら、二人は互いにひかれ合ったらしいのだ。京子は東京の職業補導所の先生という近藤という男に連れ去られていた。由起子が三平と近藤の家を訪ねたとき、彼は毒入りウィスキーで死んだ。ウィスキーは、実は鬼頭という暴力団の頭目から送られたものだった。彼は由起子が一度彼の相手のまゆみという女のことを調べたことがあり、彼女の仕事をジャマしようとかかったのだ。近藤は死ぬとき京子の居場所をいい残した。“横浜、船乗りの酒井と。”三田村が現れ、由起子にあなたは狙われている、事件から手を引けといった。事実、由起子は通りすがりの車から狙い撃たれた。由起子は手を引かず、横浜へ行き、酒井を探した。三田村も来た。由起子は鬼頭の手下安原の罠にかかった。首尾よく逃げおおせたが、追われ、三田村に救われた。その時彼女が救いを求めたサンドイッチガールが、実の京子だったが、由起子は気づかなかった。--松川の弁護士・清水が京子を探しだしたという。由起子は失望したが、三田村の手柄だった。清水は鬼頭と手引し、替え玉のまゆみを松川と合わせた。由起子らが会ったとき、三田村もにせ物をつかまされたのが判った。京子は清水らに拐われ、その事務所に檻禁された。由起子らは協力して、鬼頭がまゆみを使って松川の金をしぼろうとしているのを探った。松川の娘披露パーティの席で、二人は鬼頭・清水・まゆみらの所業をあばき、松川を実の娘京子に会わせることができた。親娘は仲良くブラジルへ向った。由起子と三田村も仲良く見送った。結局、探偵合戦は引分けということになったらしいのである。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。