日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

空中サーカス 嵐を呼ぶ猛獣
クウチュウサーカスアラシヲヨブモウジュウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1958年08月12日 
製作会社
東映東京 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
The Stormy Lion  
上映時間
78分  

「曲馬団の娘」につぐサーカス映画で、「運河」の松浦健郎の脚本を、「三代目 魚河岸の石松」のコンビ小石栄一が監督、藤井静が撮影した。出演は「季節風の彼方に」の高倉健、「おけさ姉妹」の佐久間良子・今井俊二・松島トモ子、それに中村雅子・故里やよい・進藤英太郎など。

スタッフ

企画
根津昇
脚本
松浦健郎
監督
小石栄一
撮影
藤井静
音楽
飯田三郎
美術
田辺達
照明
川崎保之丞
録音
加瀬寿士
編集
長沢嘉樹

ストーリー

--船員・山崎千吉は五年前まではサーカスにいて空中ブランコをやっていた。相棒の三郎が落ち、サーカスを去ると、自分も姿を消した。おのれの過失からと悩んだのか。港の酒場で、サーカスの男を痛めつけたのがきっかけで、彼は団長に招かれ、シバタサーカスに入座した。一座の花形健次が病気で、その代役をすすめられたのだ。政代と組んで、見事な空中サーカスを見せる彼を、健次は嫉妬した。政代は千吉を慕ったが、健次の気持を柔らげようとすることも忘れなかった。人気は千吉に移り、興行は好評だった。一座の者も彼に好意を持った。が、花形歌手のエミは、彼を憎んでいた。三郎の妹。彼女は彼を兄の仇と思っていた。千吉には彼女の反撥が不審だった。彼はエミに強くひかれていた。健次もエミにあらわな欲望を示した。千吉への挑戦か。エミは次第に心がゆらいだ。千吉への別の感情が芽生えていた。彼女は故郷の兄を訪ね、事件の真相をきいた。三郎はその頃の日記を無言のまま示した。兄の過失だった。エミは喜び、素直に千吉に近づいていった。二人は結ばれ、彼女は彼の相手役となるための技を習い始めた。ついに、健次は千吉を殺そうとライオンを檻から放った。エミが千吉をかばい、危くなったが、千吉の離れ業で無事だった。健次はさらに千吉のロープにひそかに傷をつけた。呼びもの“夜間飛行”が始った。千吉とエミは地上30米のブランコで見事な技術を見せた。が、ロープは今にも切れそうだった。炊事係の源さんが傷を発見して絶叫した。「危い!」千吉はエミを抱えすばやくスタート台へ飛んだ。ロープは切れ、観衆は拍手した。これも演技と受け取ったのだ。が、千吉は誰の仕業か知っていた。健次はテント裏へ逃げこんだ。千吉は追った。空中の格闘。健次は力尽き、地上めざして落ちていった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。