日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

国定忠治(1958)
クニサダチュウジ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1958年08月27日 
製作会社
東映京都 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
59分  

行友李風の原作を、「新選組(1958)」の高岩肇と「血汐笛」の結束信二が共同で脚色し、「血汐笛」の小沢茂弘が監督した、「新選組(1958)」の片岡千恵蔵が忠治を演じるお馴染の股旅もの。撮影は「新選組(1958)」の三木滋人。出演者はほかに「新選組(1958)」の里見浩太郎・月形龍之介・長谷川裕見子・進藤英太郎など。色彩は東映カラー。

スタッフ

企画
玉木潤一郎
原作
行友李風
脚色
高岩肇結束信二
監督
小沢茂弘
撮影
三木滋人
音楽
山田栄一
美術
桂長四郎
照明
山根秀一
録音
佐々木稔郎
編集
宮本信太郎

ストーリー

上州国定村の長岡忠治は関八州の十手に追われ、赤城の山にたてこもった。上州百三十カ村の窮状を見かね、悪代官竹垣を斬ったからだ。十手をあずかる御室の勘助は忠治に同情的だった。が、彼を叔父に持つ、板割の浅太郎は他の乾分から親分を売ろうとしたと責められていた。その夜、浅太郎は秘かに山を降り、帰ってくるると、勘助の首をたずさえていた。「浅をいつまでも親分のそばに置いてくだせえ」勘助のかたみ・勘太郎坊やだけが無心に笑っていた。明月の赤城山は無数の捕方に囲まれた。乱闘。乾分は次々に死に、浅太郎までも倒れた。「勘坊だけはやくざにしねえで……それが叔父貴の遺言でござんす」忠治はうなずくと、勘太郎を背に信州路を落ちのびて行った。白鷺の湯場へたどりつき、昔の仲のお仙を訪ねた。今は料理屋“三日月”のおかみは暖く迎えたが、忠治はやはりだまって消えようと思った。乾分の名をかたる三人組があり、捲き上げられた金を取り戻してやったのを機に、お仙は勘太郎をあずかることになった。お仙の心尽しの路金をふところに、忠治は彼を呼ぶ勘太郎をそのまま、闇の中に消えて行った。--忠治は権堂町へさしかかった。ここには十手をあずかるかたわら、女子供を売買する悪親分、山形屋藤造がいた。忠治は宿で百姓喜右衛門が首をつったのが、貧しさに娘お芳を売って得た百両を山形屋が奪いとったからだと知った。彼は百姓姿に化け、山形屋へ乗りこむ。やがて居直って大見得を切る。「この面によく似た人相書の二枚や三枚見たことがあるだろう」彼は山形屋から百両はもちろん、娘も二分の内金で身受けして喜右衛門に返してやった。街道はずれで、藤造が追手をかけてきた。彼はたちまち三十人を斬ったという。血を吸った小松五郎義兼が月を映した。「俺の生涯の道連れは手前だけだなあ」月明りの松並木を、忠治の影が遠ざかっていった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。